AvaGo - 放送管理とオペレータアクション

世界各地のアバターの放送と行動を管理する最初の分散型プラットフォーム

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AVA
開始日時
2018-06-26
終了日時
2018-09-26
最低目標
500 ETH
最高目標
85,850 ETH
初回価格
1 AVA = 0.00034 ETH
トークン供給数
255,000,000
公式サイトへ Owner of AvaGo?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率51%
KYCKYC
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-Sale 30 day - 0.00017 ETH

概要

世界各地のアバターの放送や行動を管理するための最初の分散プラットフォーム。    多くのユーザーが1つのモバイルアプリケーションに統合されています。 あなたのアバターの支払いと管理、達成のためのタスクと目標の指定、またはタスクの達成とお金の稼ぎ

顧客ユーザーは、地図上の場所を示し、実行するタスクを説明します。   指定された場所のユーザーは通知を受け取り、有料の仕事のためのアプリケーションを追加します。    ユーザのアバターは、仕事の報酬を受け取る。    顧客は、世界のどこからでも自分の仕事を遠隔地に体現することができます。

チーム すべてを見る

Likiya Luchko
Likiya Luchko
Co-founder, СЕО
Aleksey Luchko
Aleksey Luchko
Director and Founder
Alfia Serechenko
Alfia Serechenko
Controlling and finances
Anton Saltsevich
Anton Saltsevich
Streaming expert, beckend team supervisor
Yegor Veredin
Yegor Veredin
Marketing Advisor
Irina Purysheva
Irina Purysheva
Community Manager

人気STO/ICO記事

  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
  • ボリンジャーバンドとその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。ボリンジャーバンド(BOLL)はチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。米国の金融アナリストで投資研究家のジョン・ボリンジャーが考案したことから、この名が付いています。1983年に考案され2011年に商標権が取得されました。ボリンジャーバンドは株価が移動平均線を中心に一定の範囲(標準偏差)の中で動くという前提で開発されました。ボリンジャーバンドは合わせて3つ
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし