Auditchain - 分散型の継続的な監査と報告

Auditchainは企業およびトークンの統計情報開示のための、世界初の分散型継続的な監査およびリアルタイムレポートエコシステムです。 継続的監査の科学は、これまで企業の内部監査と報告に限られていました。 Auditchainは、企業がDCARPE™プロトコルに基づく分散型コンセンサスに基づく監査手続を通じて、最高レベルの監査保証を利害関係者および監督当局に提供することを可能にします。

ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
AUDT
トークン供給数
160,000,000
公式サイトへ Owner of Auditchain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率80%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

AuditChainは、トークン生成イベント中およびその後のdAppおよびネットワーク開発の報告開示、ならびにdAppおよびネットワーク起動後のネットワーク統計レポートおよび開示を提供します。

ネットワークとコンセンサスガバナンス

ネットワークとコンセンサスは、2段のノード構造によって管理されます。 非連合ノードはトランザクションとブロックの検証を提供し、連合ノードはSOC監査員によって運営され、ネットワーク状態と動作の継続的な監査と認証を提供します。

トランザクションのライフサイクル

すべてのエンタープライズトランザクションは、ストレートスルーアカウンティング処理(STAT)で検証され、継続的にリアルタイムで監査されます。

チーム すべてを見る

Nemanja Nikitovic
Nemanja Nikitovic
Yaroslav Belkin
Yaroslav Belkin
Scott Price
Scott Price
Founder and Chief Executive Officer of A-lign
Jonathan Mohan
Jonathan Mohan
Strategic Planning
Paul Ostling
Paul Ostling
Regulatory and Government Affairs
Joshua Yabut
Joshua Yabut
M.S., OSCP, OSCE Co-Founder & Technical Lead

人気ICO記事

  • Capiket Group:世界中のアダルト産業の健全化と市場開放を目指す

    Capiket Groupは、マーシャルに本拠を置くプライベートファンドです。日本のアダルトコンテンツ業界の健全化を推進する業界団体「健全化協力会」の要請を受け、その趣旨や活動に賛同し資金の提供及びマネジメント協力を行う事を目的として、世界中のアダルト産業の健全化と市場開放を目指して業界有志が集まり、設立されました。CAPはその活動を資金的に支援するトークンとして、業界の再編と更なる健全化、コンテンツクオリティの向上を通じ、建設的なイノベーションをもたらすことを使命とし、経済圏の拡大によるトークン価値の向上により投資家へ利益還元をします。資金管理はCapiket Groupが行い、ICOによっ
  • ウォレットがFace IDに対応! 「コイン相場」10月2週目の開発週報 Vol.16

    今週はバグを色々直して新しい機能や項目も追加しました。11月か12月にハッカソンを開催しようと考えています。詳細決まりましたらアナウンスいたしますので興味ある方はぜひ参加ください。10月2週目(10/8〜10/14)の開発状況です。PINは他の人に盗み見られたらヤバいという声もありましたのでFace IDに対応いたしました。Face IDも完璧なセキュリティではないので十分にお気をつけください。AirDropQやその他のトークンで「価格なし」と表示されていたトークンがありましたが、徐々に対応しております。前回のバージョンでは数値の取得が追いついていなかった指数もありましたが今回は大幅に改善し、
  • 暗号通貨に関する最大の問題のいくつかをPlatioはどのようにして解決するのか

    暗号通貨は、経済を変革する大きな可能性を秘めています。 暗号通貨は、支払いをより速くし、財政的な包括性を高め、すべての種類の取引の機能性を高めることができます。 国家の境界が意味をなくし、世界市民が直接迅速に安価に取引ができるような、かつてない真のグローバル経済がすぐ近くに迫ってきているのです。しかし、すべての暗号通貨の利点に関わらず、その特徴のいくつかは、通常の人々やビジネスによって使用される妨げとなっています。市場がこういった問題の解決策を見いだすことができない限り、暗号通貨が広く普及するには困難を伴うでしょう。ロンドンの金融センターの中心に本部を置く国際フィンテックプロジェクト、Plat