AssetStream - グロバル分散型ピアツーピアマイクロファイナンスプラットフォーム

AssetStreamは、ブロックチェーンをコア技術として活用するピアツーピアのマイクロファイナンスプラットフォームです。 AssetStreamは、P2P貸付プラットフォームに最適な市場になるように設計されており、借り手と貸し手の両方がとにかく安全で透明な方法で取引するため十分な情報を持っています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ASTtoken
開始日時
2019-05-27
終了日時
2019-07-11
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
2,100,000,000
公式サイトへ Owner of AssetStream?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームStellar
タイプStellar
参加可能通貨BTC, ETH, BCH, Fiat
供給率64%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Presale - 25%
  • 1st Round - 21%
  • 2nd Round - 18%
  • 3rd Round - 15%
  • 4th Round - 12%
  • 5th Round - 9%
  • 6th Round - 6%
  • 7th Round - 3%

概要

AssetStreamは、銀行のない人々に金融サービスへのアクセスを提供することで、貧困を減らし、経済的な包含をもたらすことを目指しています。 AssetStreamは、個人ローンを受けることができる地域コミュニティを含む完全なP2Pネットワークに拡大します。 AssetStreamは、ブロックチェーンを通じて、経済的に排除された人々を新しい世界経済に連れて行くことができる大規模なマイクロファイナンスエコシステムを作成することを目指しています。

チーム すべてを見る

Thanin Piromward
Thanin Piromward
Founder, Head of IT & Development
Ken Phiromwad
Ken Phiromwad
Co-Founder, Head of Strategy & Marketing
Didier Bosmans
Didier Bosmans
Co-Founder, Head of Communication
Tun Santianuchit
Tun Santianuchit
Co-Founder, Managing Partner
Nutthapon Siripaiboon
Nutthapon Siripaiboon
Senior Application Development Manager
Chuthiya Pitthayapituk
Chuthiya Pitthayapituk
Senior Project Manager

人気STO/ICO記事

  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー
  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部