Arena Match - スキルベースのEsportsゲーミングアプリ

AMGoldは、人気のあるPCゲームでのスキルベースの賭けに使用されるデフレエスポートの暗号通貨トークンとして機能します。 また、ブロックチェーンの真の所有権を提供しながら、ユーザーエクスペリエンスを向上させる、EnjinのERC-1155 Skill Perk用SDKアイテムを採用しました。 私たちは現在、最初のゲームとしてPUBG(PlayerUnknown’s Battlegrounds)を使ったソロスキルチャレンジモードのベタを公開しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
AMG
開始日時
2019-08-20
終了日時
2019-08-30
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
50,000,000
公式サイトへ Owner of Arena Match?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ArenaMatch.com( "Arena Match")は、個人がスキルチャレンジ(プレーヤー対ハウス)、毎日のハイスコアリーダーボード、対決(1対1の決闘)、チーム対チームで賭けて競うことを可能にする近日公開予定のesportsゲームアプリです。 Battle Royale FFA(すべて無料)は、PUBG(PlayerUnknown's Battlegrounds)、Fornite、Apex、CS:GO(Counter-Strike:Global Offensive)などの人気のあるオンラインゲームに対応しています。    AMGoldの「Arena Match Gold」は、人気のあるPCゲームでのスキルベースの賭けに使用されるデフレエスポートの暗号通貨トークンとして機能します。    私たちの意図:AMGoldは、分権化された、コミュニティ主導の仮想経済を創出するためのユーティリティトークンとして機能します。 1億以下の厳密な制限AMGoldが作成され、決して増やされることはありません。    デフレトークン:AMGが転送されるたびに0.5%がバーンされるし、量に基づいて循環供給量が自動的に減少します。 AMGは小数点第16位を安定させてバーンを停止し、AMGの供給が完全になくなることはなく、代わりに希少性が増します。

チーム

Matthew Skinner
Matthew Skinner
FOUNDER | SOLUTION ARCHITECT
Josh Lamont
Josh Lamont
FOUNDER | SOLUTION DESIGNER
Briley Hooper
Briley Hooper
FOUNDER | SENIOR LEAD DEVELOPER
Jean Speville
Jean Speville
TECHNOLOGY ADVISOR
Hamza Khan
Hamza Khan
Advisor20 age

人気STO/ICO記事

  • 新規ウォッチリストを追加する方法

    コイン相場ユーザーの皆様はウォッチリストを分けて使っていますか?私も長い間「お気に入り」というウォッチリストだけを使っていましたが、社内のほかの方々の使い方を見て色々と工夫してみたら、仮想通貨の管理がとても楽になりました。この経験から、新規ウォッチリストを追加する方法をぜひ皆様に共有したいと思い今回の記事を作成いたします。皆様も本記事を参考に新規ウォッチリストの追加して、仮想通貨の管理を最大に効率化してください。<ins></ins><ins></ins>以上、コイン相場アプリの新規ウォッチリストを追加する方法でした。使い方によっては仮想通貨の投資がとても楽になる機能です!色々とお試しください
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ