Alendoo - 暗号ベースのローン

Alendooの主な使命は、顧客に対する匿名性を維持することです。そうするためには、既存の約束を顧客に果たすために「枠を超えて考えて」、法定通貨貸付金を追加することで商品を拡大する方法を見つける必要がありました。 この問題に対して革新的な解決策が選択されました。 Alendooは、デビットカードやクレジットカードを登録する必要なしに、暗号通貨がロードされるNFCモバイルアプリケーションを設計することを決めました。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
XALT
開始日時
2019-03-18
終了日時
2019-05-12
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
7,000,000 USD
トークン供給数
85,000,000
公式サイトへ Owner of Alendoo?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率85%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Presale - 30%
  • Round 1 - 20%
  • Round 2 - 10%

概要

一部の読者はすでに推測しているかもしれない、AlendooはA- 匿名とLEND- 貸出の略です。

Alendooは、仮想通貨が関心を引くものとして使用されている仮想通貨バックローンおよび貸出を提供する高度な仮想通貨カレンシープラットフォームです。 Alendooで最も重要な価値の1つは匿名性です。

政府当局は、市民の資産に関する情報にアクセスできないため、暗号に関する匿名性を妨げる傾向があります。各国政府は、金融機関に対し、マネーロンダリング防止対策およびお客様の知識を理解するためのポリシーを実施することを強いています。これらの政策を実施するために与えられた公式の理由は、テロ資金やマネーロンダリングの防止です。しかし、隠された議題は個々の財政を管理することかもしれません。 ビットコイン取引は匿名でなければなりませんが、現在、ビットコインを米ドルまたは他の国の通貨に交換するには、身元、住所、およびその他の個人情報の証明が必要です。 ビットコインを追跡して個人情報を持つ取引所とリンクさせることができるので、このプロセスは匿名性を排除します。

Alendooでは、私たちはお客様の資金を一般の人々から保護することを約束します。そのため、プロセスでは、開始するためのアクティブな電子メールアドレスのみが必要です。所在地でのバンを避けるため、会社登録などの詳細を公表しません。私達のチームは私達の顧客を保護し、匿名性を促進するために必要な手段を取ります。 Alendooでは、私たちのモットーは「あなたの匿名性が私たちの優先事項です」です。

チーム

Simon Duncan
Simon Duncan
Co-Founder
Alex Close
Alex Close
Co-Founder
Nicole Mendez
Nicole Mendez
Developer
Vikas Joshi
Vikas Joshi
Community Manager
Brett Schmidt
Brett Schmidt
Soclal Media Manager

人気STO/ICO記事

  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • Coincheck、7月16日よりお客様情報の追加登録を実施 - 仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基く措置

    暗号資産取引所、Coincheck社は7/9日、午後13時頃公式ブログ及びツイッターを通じ、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基づき、2019年7月16日よりお客様情報の追加登録を実施することを公表した。<ins></ins>個人のお客様:2019年7月16日〜2019年8月29日 法人のお客様:2019年7月下旬以降1. 国籍や職業などの属性情報2. 資産に関する情報3. お取引に関する情報 など参照元:<ins></ins>・・・・・
  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部