Alcedo - 誰でも利用できる暗号通貨

ALCEDOは、ブロックチェーン技術を日常生活に取り入れたエコシステムを生み出します。 暗号通貨を世界中の誰にとってもアクセス可能で使用可能にします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ALCE
開始日時
2018-12-01
終了日時
2019-05-31
最低目標
100,000 EUR
最高目標
16,000,000 EUR
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
40,000,000
公式サイトへ Owner of Alcedo?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC677
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率40%
KYCKYC
参加不可地域USA, Afghanistan
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Dec 01 2018 - Jan 31 2019 - 50 % discount at 0.20 €
  • 01 Feb 2019 - 31 Mar 2019 - 25 % discount at 0.30 €
  • 01 Apr 2019 - 31 May 2019 - 0 % discount at 0.40

概要

ALCEDOポイント

すべてのALCEDO-Pointで、プロのコンサルタントの助けを借りて仮想通貨(BTC、ALCE、EURなど)を売買することができます。

ALCEDOトークン

ALCEDO-Coin(ALCE)は私達のエコシステムの重要な部分です。サービス料と報酬プログラムを扱うための手段です。

ALCEDOウォレット

任意の暗号通貨口座との間で売買、交換および電子的に送信を行います

投資計画

私たちは伝統的な事業をゴールドセービングプランから仮想通貨投資プランへと拡大します。

ALCEDOカード

ALCEDOのキャッシュマシンおよびPOSターミナルで顧客が迅速かつ容易に仮想通貨を売買することを可能にします。

暗号マシン

よく知られているCrypto-ATMをサポートし、ドイツでネットワークを構築しています

チーム

Dipl. Ing. Hermann Sanktjohanser
Dipl. Ing. Hermann Sanktjohanser
Co-Founder and CEO57 age
Ingo Hofbauer
Ingo Hofbauer
CFO
Maximilian Sanktjohanser
Maximilian Sanktjohanser
Co-Founder and Director24 age
Radoslav Manev
Radoslav Manev
CTO / Head of our Development-Team

人気STO/ICO記事

  • 韓国UPbitハッキング被害発表・・被害額53億円相当(ETH342,000枚)

    韓国、最大級大手取引所UPbit(アップビット)は580億ウォン相当ののETH(イーサリアム)342,000枚の不正出金が発生したことを27日18時ごろ発表した。出金先のウォレットのアドレスは0xa09871AEadF4994Ca12f5c0b6056BBd1d343c029でUPbitが分からないウォレットであると説明している。仮想通貨の出金が一時停止されたのは27日の午後2時16分頃だった。<ins></ins>UPbitを運営しているDunamuの体表理事イ・ソクウです。まず、UPbitを利用しているユーザーの皆様にご心配をおかけし、大変申し訳ございません。2019年 11月 27日 午
  • ふるさと納税でビットコインを無料でゲットしよう!

    ビットコインが欲しいけど、相場変動が激しく絶対に溶かしてしまう気がするから買うのはやめよう!という方に朗報です。Coinpoinを通じ、ふるさと納税を行うと商品を買うことでビットコインが無料で手に入ります!ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄附(商品の購入)をすることで、所得税や住民税の還付・控除が受けられる制度のことです。多くの自治体では地域経済活性化のために、色々な商品を用意しています!ふるさと納税に関するより詳しい情報・寄附可能額を調べるには以下の順番でお進みください。「でビットコインを貯める」→「詳細内容確認」→「商品購入」この順番でアクセスし、商品を購入することで記録(ログ)が残
  • ノアシティ-分権国家の夢の実現

    新たな分散型経済を支持する人にとっての究極の夢は、ブロックチェーン技術の基本原則にのっとって運営される国家に居住することです。すなわち、民主主義、権力分配と分権、コンセンサスによる意思決定、デジタル自治といった原則です。この夢はノアシティによって現実になろうとしています。ノアプロジェクトは長期にわたって暗号資産市場に存在し続けています。最近、ノアプロジェクトはと提携して、ノアがその構築を目指すエコシステム全体をホストするための新ブロックチェーンの開発を進めています。Platinum Q DAOエンジニアリングが関わる別のプロジェクトが、です。これは分散型ネットワーク上で運営され、その分散型