Alcedo - 誰でも利用できる暗号通貨

ALCEDOは、ブロックチェーン技術を日常生活に取り入れたエコシステムを生み出します。 暗号通貨を世界中の誰にとってもアクセス可能で使用可能にします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ALCE
開始日時
2018-12-01
終了日時
2019-05-31
最低目標
100,000 EUR
最高目標
16,000,000 EUR
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
40,000,000
公式サイトへ Owner of Alcedo?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC677
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率40%
KYCKYC
参加不可地域USA, Afghanistan
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Dec 01 2018 - Jan 31 2019 - 50 % discount at 0.20 €
  • 01 Feb 2019 - 31 Mar 2019 - 25 % discount at 0.30 €
  • 01 Apr 2019 - 31 May 2019 - 0 % discount at 0.40

概要

ALCEDOポイント

すべてのALCEDO-Pointで、プロのコンサルタントの助けを借りて仮想通貨(BTC、ALCE、EURなど)を売買することができます。

ALCEDOトークン

ALCEDO-Coin(ALCE)は私達のエコシステムの重要な部分です。サービス料と報酬プログラムを扱うための手段です。

ALCEDOウォレット

任意の暗号通貨口座との間で売買、交換および電子的に送信を行います

投資計画

私たちは伝統的な事業をゴールドセービングプランから仮想通貨投資プランへと拡大します。

ALCEDOカード

ALCEDOのキャッシュマシンおよびPOSターミナルで顧客が迅速かつ容易に仮想通貨を売買することを可能にします。

暗号マシン

よく知られているCrypto-ATMをサポートし、ドイツでネットワークを構築しています

チーム

Dipl. Ing. Hermann Sanktjohanser
Dipl. Ing. Hermann Sanktjohanser
Co-Founder and CEO57 age
Ingo Hofbauer
Ingo Hofbauer
CFO
Maximilian Sanktjohanser
Maximilian Sanktjohanser
Co-Founder and Director24 age
Radoslav Manev
Radoslav Manev
CTO / Head of our Development-Team

人気STO/ICO記事

  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • 新規ウォッチリストを追加する方法

    コイン相場ユーザーの皆様はウォッチリストを分けて使っていますか?私も長い間「お気に入り」というウォッチリストだけを使っていましたが、社内のほかの方々の使い方を見て色々と工夫してみたら、仮想通貨の管理がとても楽になりました。この経験から、新規ウォッチリストを追加する方法をぜひ皆様に共有したいと思い今回の記事を作成いたします。皆様も本記事を参考に新規ウォッチリストの追加して、仮想通貨の管理を最大に効率化してください。<ins></ins><ins></ins>以上、コイン相場アプリの新規ウォッチリストを追加する方法でした。使い方によっては仮想通貨の投資がとても楽になる機能です!色々とお試しください
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他