Adrenaline - 取引ラッシュを感じる

Adrenaline AIは、暗号通貨取引AIロボットの構築に重点を置いた革新的なフィンテック企業です。 私たちのチームは、ユーザーに透明性とセキュリティを提供するために、ブロックチェーンに組み込まれたこのテクノロジーを一般に公開するために精力的に取り組んでいます。 ボットは、適切なリスク管理ツールを使用して、強気相場または弱気相場で市場の状況が変化した場合に適応し、調整するように設計されています。  Adrenaline AIは、人工知能、デイトレーディング、ブロックチェーンを結び付ける最新のテクノロジーの先端です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ARAI
開始日時
2019-08-29
終了日時
2019-08-29
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Adrenaline?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

なぜ人々はAdrenaline AIを選ぶのか

セキュリティの強化

クライアントの資金のセキュリティは、開発の最も重要なベクトルの1つです。 したがって、すべての個人データの保護を常に強化しています。

簡単でエレガントなインターフェース

私たちの目標は、専門家だけでなく初心者にもシンプルで明確なサービスを提供することです。

透明な取引結果

ボットのすべての取引を簡単に追跡できる非常に便利なダッシュボードを開発しました。

レスポンシブカスタマーサービス

当社は、顧客との迅速かつ高品質のコミュニケーションが非常に重要であることを理解しており、それが当社が応答性の高い顧客サービスを提供する理由です。

次世代のトレーディング専門知識

プロジェクトを支援するエンジニアの専門家チームにより、最も成功したダイナミックなAIベースのアルゴリズムを実装して、新しいレベルのセキュリティ、収益性、信頼性を提供します。

チーム すべてを見る

Nicholas Thomas
Nicholas Thomas
Founder, Chief Executive Officer (CEO)
Wladimir Huber
Wladimir Huber
Chief Operating Officer (COO)
Alexander Braune
Alexander Braune
Head of Business Development
Ahmed Bodiwala
Ahmed Bodiwala
Chief Technology Officer (CTO)
Lionel Iruk
Lionel Iruk
International Legal Counsel
Sebastian Vieru
Sebastian Vieru
Community Manager

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[