2019年のブロックチェーン特許申請・・中国67%・米国16%·日本5%·ドイツ4%·韓国2%

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

【2019年のブロックチェーン特許申請・・中国67%・米国16%·日本5%·ドイツ4%·韓国2%】

中国メディアIPRdailyは最近2019年、上半期の世界ブロックチェーン関連の「特許申請企業ランキング100」を発表した。2019年は2018年の特許申請数をはるかに上回っている。

報道によると、特許申請の数が一番多かった企業は中国企業の「アリババ」で合わせて322件を申請していた。

次は中国の保険会社「平安」が274件(2位)、その次はアンティグア・バーブーダ(カリブ海東部に位置する島国)のブロックチェーン企業「nChain」が241件(3位)だった。

※資料:IPRdaily

アメリカはの企業は

  • IBM 104件(5位)

  • マスターカード 79件(10位)

  • VISA 37件(21位)

  • マイクロソフト 35件(22位)

  • ウォールマート 31件(24位)

などで上位を占めている。

一方で日本企業は

  • NEC 18件(46位)

  • 日立 13件(63位)

  • SONY 13件(65位)

  • 富士通 12件(74位)

  • Bitflyer 11件(80位)

で合わせて67件だった。(ランキング100位基準)

また、韓国はランキング100に入る企業の特許申請数は合わせて22件だったことが分かった。

国別で割合をみると、中国が67%、米国16%、日本5%、ドイツ4%、韓国2%で、中国の企業が圧倒的に多い数の特許を申請している。

参照元:IPRdaily

【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!

仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。

どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。

面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っている仮想通貨取引所を診断してみませんか?

こちらのニュースもチェック!!

韓国、Upbit取引所がMoneroなどの匿名通貨6種類を対象に上場廃止を検討・・・XMR・DASH・ZEC・XHV・TUBE・PIVX

50億円以上の資金調達に成功した16のプロジェクトのほとんどがマイナス収益率・・ADA・TRON・XTZだけがプラスか

LINEのブロックチェーン子会社が日本金融庁から正式認可

みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

コインポイン取引所まとめ取引所診断

関連記事

コメント