LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

LINE、LINKホワイトペーパー2.0を公開

coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。

ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。

発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。

各dAppに配分されるトークンの数量は

  1. LINKチェーンを基盤に利用されているウォレットの数

  2. LINKトークンで行われている決済額の規模

  3. 各dAppのユーザーが保管しているLINKトークンの規模

などで決定される。

公開された内容や政策からみると、結局のところLINKチェーン価値はユーザーにとって利用価値の高いdAppによって決まる。従ってホワイトペーパーにはdAppのサポート計画なども記載されている。

また、LINKは多くのブロックチェーンネットワークが持っているスケーラビリティ(拡張性)問題を解決するために、インターチェーン方式「LINEAR NETWORK」を紹介し、自信をみせた。

インターチェーンとは違うブロックチェーンネットワークの間でデータの交換や共有ができるようにする技術だ。

例えばビットコインとイーサリアムをインターチェーンで繋げるとビットコインをイーサリアプラットフォームの上で利用できるようになる。

こういう風に繋がったチェーンは理論的に各プラットフォームの秒あたりの処理速度を合わせた処理速度になる。

LINKの新しいホワイトペーパーで確認した所、LINEAR NETWORKはLINKトークンの発行と記録を担当するRoot chainとメインチェーン、そして各々の取引を担当するLeaf chainで構成されている。LINKはLeaf chainを追加する方式で最大TPSを増加させることができる仕組みだ。

参照元:coindesk(korea)

参照元:ホワイトペーパー2.0

【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!

仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。

どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。

面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っている仮想通貨取引所を診断してみませんか?

こちらのニュースもチェック!!

CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

リップル元従業員「XRPの価格はリップル社と関係ない」」

コインポイン取引所まとめ取引所診断

関連記事

コメント