2020年、北朝鮮でブロックチェーンカンファランスが開かれる予定・・参加費は約40万円・日本人参加不可

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

【北朝鮮でブロックチェーンカンファランスが開かれる予定・・参加費は約40万円】

今年の4月に北朝鮮の首都である平壌(ピョンヤン)で開かれたブロックチェーンカンファランスが来年の2月に再度、開催されることになった。

平壌のカンファランスはスペインの非政府組織(NGO) 団体の朝鮮親善協会(FKA)の設立者アレハンドロ「Alejandro Cao de Benos」とブロックチェーン諮問会社トークンキー(Token Key)が主催する。

既に、広報のためのホームページも作成されたことが確認できた。(https://nkcryptocon.com)

10日、平壌ブロックチェーンカンファランス主催者のアレハンドロ設立者は韓国メディアとのインタビューで「先日、開かれたカンファランスは包括的なコンテンツで構成されたが来年、開かれるカンファランスでは特定の企業及びトークンなどに関するより、明確なトピックが取り扱われる予定」と説明した。

アレハンドロ設立者は「ブロックチェーンの発展のために、IT・AIなどの新技術事業を展開している企業とのビジネスミーティングを用意すると述べ、「今回はトップ10の仮想通貨関係者らと一緒に協業している」と説明し、「トップ10の仮想通貨関係者らが業界の優秀な人々を紹介してくれている」と付け加えた。

続いて、「1回目のカンファランスでは間違った情報などで多くの人々が参加することを戸惑っていたが、2回目は1回目に参加していた方々が周りに勧めてくれて来年のカンファランスには多くの人々が参加することを期待している」と述べた。

第2回、平壌ブロックチェーンカンファランスは2020年2月22日から29日まで8日間、平壌科学技術団地で開催される。

参加費は3400ユーロ(約40万円)で日本人、韓国人、イスラエル人は参加不可だ。

参照元:NK経済 参照元:blockinpress

自分に合った仮想通貨取引所を見つけよう!!

仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。

どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。

面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っている仮想通貨取引所を診断してみませんか?

こちらのニュースもチェック!

プラストークン、12,646BTC(約140億円)の資金を移動・・今後の動き注目すべき

韓国、ブロックチェーン企業80%↑・・売り上げなし、破産寸前か

2019年のブロックチェーン特許申請・・中国67%・米国16%·日本5%·ドイツ4%·韓国2%

韓国、Upbit取引所がMoneroなどの匿名通貨6種類を対象に上場廃止を検討・・・XMR・DASH・ZEC・XHV・TUBE・PIVX

50億円以上の資金調達に成功した16のプロジェクトのほとんどがマイナス収益率・・ADA・TRON・XTZだけがプラスか

LINEのブロックチェーン子会社が日本金融庁から正式認可

みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

コインポイン取引所まとめ取引所診断

関連記事

コメント