WitLink - A.I.の未来

WitLinkは、A.I.サービスのグローバルマーケットプレイスであり、分散型コンピューティングリソースのプールです。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
WAI
開始日時
2021-05-25
終了日時
2021-09-30
調達金額
5,822 ETH
最低目標
3,697 ETH
最高目標
24,028 ETH
初回価格
1 WAI = $0.25
トークン供給数
220,000,000
公式サイトへ Owner of WitLink?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Round I Sales - 10% purchase bonus & 5% referral bonus
  • Round II Sales - 7% purchase bonus & 4% referral bonus
  • Round III Sales - 5% purchase bonus & 3% referral bonus

概要

WitLinkチームは、A専門家、機械学習開発者、データ研究者のためのマーケットプレイスを作ることで、人工知能・機械学習業界における既存の人材ギャップを埋めようとします。WitLink Marketplaceは、企業が専門家のグローバルな人材プールを利用し、企業のための既製のソリューションにアクセスするのに役立ちます。

WitLinkは、リアルタイムのビジネスニーズに対応するAIと機械学習サービスのグローバルマーケットプレイスの開発を提案します。このプラットフォームでは、オープンソースの分散型コンピューティングネットワークの計算能力を活用します。

チーム

Aidan Graham
Aidan Graham
CEO
Valdemar Olsen
Valdemar Olsen
CTO

人気STO/ICO記事

  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株