WINk - 新しいTRONBETプラットフォーム

WINkは分散DAppプラットフォームで、世界中のチームメンバーがいます。 ゲームとプラットフォームの開発における豊富な経験により、WINkチームはDappsがより広いコミュニティにできることに革命を起こすことができました。 私たちの3つのコア原則は、透明性、公平性、そして資産配分です。DApp開発の業界リーダーになるよう努力し、すべての利害関係者に利益をもたらす新しいモデルに革命をもたらします。 WINkは主にTRONのメインネットの開発に基づいており、後で他の開発者と協力してプラットフォーム全体を豊かにするために他のブロックチェーンにも拡張します。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
WIN
開始日時
2019-08-08
トークン供給数
49,950,000,000
公式サイトへ Owner of WINk?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプTRC20
参加可能通貨Others
供給率5%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

TRONbetは、世界初の信頼必要ない、許可のない高性能ゲームプラットフォームとして、ブロックチェーンとゲームの両方で業界の専門家の経験を活かして、優れたブロックチェーンゲーム体験を構築します。

TRONbetは、ユーザー、取引件数、取引量で世界トップクラスのDAppであり、トップトラッキングサイトDAppRadarとDappReviewの両方のチャートで上位を占めています。 TRONbetの1日の取引量は、1日4,000人を超えるアクティブユーザーを抱えて、1千万ドルに達することがよくあります。

また、TRONbetは、16,000を超えるメンバーが複数のソーシャルチャネルにわたって積極的に関与しているブロックチェーンの最大のコミュニティの1つを誇っています。 TRONbetのプラットフォームの強力な社会的要素はコミュニティを結びつけ、プレイヤーに戻ってくるための追加の理由を与えます。

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株