VR Platform OKO - ポルノ業界における進化

世界初ブロックチェーンを基にした100%匿名アダルト・コンテンツ・シェア専用の分権VRプラットホーム

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
OKOIN
開始日時
2017-12-14
終了日時
2018-01-14
最高目標
80,000,000 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of VR Platform OKO?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率35%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

分散型VR OKOプラットフォームは、ポルノ市場での進歩を促進するドライバです。ハッキングから保護されているプラ​​ットフォームは、一度にポルノ市場の発展を阻害するいくつかの問題を解決します。

  • 新しいビデオ再生フォーマットに切り替えます。過去2年間、VRポルノに関する検索リクエスト数は9,900%増加しました(Googleの公式統計により)。大人向けVR映画の視聴者の月間成長率は250-300%です。 VRヘッドセットの出荷は、ジュニパー・リサーチのVR HMD(Head Mounted Display)市場調査会社の予測によると、2020年までに10倍に増えます。 2020年までに、VRポルノ市場は年間10億ドルの価値があります。
  • 仲介なしのポルノコンテンツ配信。
  • 海賊行為との戦い。知的財産権を管理するための分散型オープンソースデータベース。
  • ユーザーと支払いの匿名性。ほとんどの国では、ポルノは合法ですが、流通に重大な制限があります。機密性は、ブロックチェーン技術が提供する記録のセキュリティ、透明性、永続性のおかげで可能になります。
  • 仲介のウェブサイトや現在の制限なしに、仮想現実のプライベートビデオチャットを設定する能力。 VR技術は、ビデオチャットの女の子が彼女に求められていることをする大人のコンテンツのタイプに新しい人生を呼び起こすことが確実です。そのようなビデオの存在の効果は、女の子にほとんど「触れる」ことが可能になるにつれて増加します。
  • 成人向けの商品やサービスの仮想市場。仲介なしのメーカーからの何百万もの商用アプリケーション
  • 分散P2Pの原則は、仲介サービスの排除を可能にします。

チーム

人気STO/ICO記事

  • 【中級・上級者向け】仮想通貨トレードの機会損失を防ぐ「Proアラート」リリース

    仮想通貨アプリ・コイン相場がついに有料会員制度・プレミアム会員をリリースしました!その中でも一番の目玉の機能はです。Proアラートとは、簡単にいうと価格アラートの上位互換版です。これまでの価格変動アラートに加えて、やを、コイン相場のPUSH通知でユーザーの皆様にお知らせする機能です。常にチャートに張り付いてトレードをしている方でも、多くの通貨ペアを同時に追い続けるの、苦しく無いですか?その点、Proアラートでは対応している取引所の全ての通貨ペアの分析をし、重要な局面の時だけ、ユーザーに教えてくれます。Proアラートがあれば、、、これで、これまで取りこぼしていたチャンスも、拾うことができた
  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins