VENOTY - 創造性を通じた子どもの自己啓発

Venotyプラットフォームは、子供のニーズに合わせて独自のコンテンツでカスタマイズされており、教育およびITの専門家によって作成されました。 Venotyは、やがて子供を自分自身の個人的な発達過程に導くための完璧な道具となります。 Venotyは創造的な方法で子供たちを教育し、誕生から(あるいはそれ以前)10代までのニーズに応じて正しい、バランスのとれたそしてよく構造化された情報を子供に提供したい責任ある両親のために設計されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VNTY
開始日時
2019-03-05
終了日時
2019-05-05
最低目標
1,000,000 EUR
最高目標
3,000,000 EUR
初回価格
0.5144 USD
トークン供給数
4,000,000
公式サイトへ Owner of VENOTY?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームScrypt
タイプScrypt
参加可能通貨BTC, BCH, LTC, Dash
供給率8.5%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Venotyエコシステムは、創造性を通じた子どもの発達のためのアプリケーションと、多種多様な書籍やオーディオコンテンツを擁する市場とを組み合わせて構築されています。

非常に単純に見えるように設計されていますが、実際には非常に複雑で、独自の特別なコンテンツで広告を掲載することなく高度なセキュリティを備えています。

様々な文化的領域へのアクセス権を持つ最高の教師、心理学者、俳優、音楽家、グラフィックデザイナー、および開発者がこのプロジェクトに参加します。

チーム すべてを見る

Razvan Boarta
Razvan Boarta
CEO
Alexandra Al Ghazali
Alexandra Al Ghazali
COO
Eugen Bugoiu
Eugen Bugoiu
CIO
Dan Smarandache
Dan Smarandache
CLO
Cosmin Meleca
Cosmin Meleca
CFO
Adelina Stan
Adelina Stan
Senior Legal Officer

人気STO/ICO記事

  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー
  • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

    10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予