UNIZON - ブロックチェーン技術によるインシュアテックイノベーション

かつての相互扶助組合がそうであったように、保険の原点に還るため、保険を提供するのではなく、自由に企画設計を可能にする仕組みと場を提供する。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
UZN
開始日時
2018-03-15
終了日時
2018-07-22
最低目標
6,000,000 USD
最高目標
36,000,000 USD
初回価格
1 UZN = 0.2 USD
トークン供給数
180,000,000
公式サイトへ Owner of UNIZON?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率34.6%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

かつての相互扶助組合がそうであったように、保険の原点に還るため、保険を提供するのではなく、自由に企画設計を可能にする仕組みと場を提供する。

これは、保険プランを個人が自由に作成、そしてその立ち上がった保険プランの中から意義を得たユーザーが自由に加入する事ができる。Unizon は、ブロックチェーン技術による革新的な相互扶助プロトコル(エスクロープラットフォーム)である。既存の保険会社が掲げる理念と提供商品の実態との乖離に苦悩する多くの保険業従事者たちにとっても、真に必要とされる保険の設計から提供までを可能にする全く新しい保険の価値を生み出すものである。

私達は、本来保険に資産運用は必要ないものと認識しており、加入者グループ内で集めた保険料を共有資産としてプールすることで、お互いでリスクヘッジできると考えている。その為、本来の相互扶助の仕組みをそのまま Unizon の中で実現する。

これにより不必要になった業務プロセスや、事業コストを削減する事が可能となり、不透明な資金管理に陥ることはない。また想定された不確実なリスクが起きなければ、共有資産に余剰金が生まれ、保険プラン加入者へと分配される。

そして私達は、Unizon の維持・拡大に務めるため、保険料の中から僅かながら手数料を徴収する事になるが、それ以外の収益性を求める必要が無く、またそれが出来ないサービス設計を構築することで、利益相反のないエスクロープラットフォームを確立していく。

チーム

Donald Barnes
Donald Barnes
CEO / Founder
James Schmitt
James Schmitt
CSO / Co-Founder
Stephen Berezny
Stephen Berezny
CTO / Co-Founder

人気ICO記事

  • 世界初の投資家たちとともに作った仮想通貨取引所 : ビットニア

    既存の取引所が公開しようとしない部分まで公開し"最高の透明性"を目標に登場した新規仮想通貨取引所ビットニア (BTCNIA)ビットニアは最初から格別です。 1年以上、仮想通貨コミュニティを運営してきたTEAM KCSは開発段階から企画やコンセプトを公開し、コミュニケーションを通じてコミュニティと共に作り出した取引所です。 取引所運営のすべての部分を隠さず投資家に公開するという点で独自性を強調し、非倫理的で不道徳な経営で崩壊しつつある仮想通貨市場を正すという彼らの切実な願いを込めて作りました。 彼らの取引所トークンであるニア (NIA) は従来のICOになかったボーナスオークション方式で進められ
  • 12月10日早稲田大学にて、東京2018ブロックチェーンカンファレンスが開催

    2018年12月10日14時から早稲田大学にてブロックチェーンの動向、スタートアップとキャリアについて語る東京 2018 ブロックチェーンカンファレンスが開催されます。1000円割引になるクーポンコードと合わせてのご案内です。1. 社会人 カンファレンスのみ参加 [WBVIP1000] 2. 社会人 カンファレンス& 懇親会 [WBDVIP3000]  13:30 - 14:00 受付 14:00 - 14:10 開会挨拶 - 早稲田大学教授・朝日透 14:10 - 14:15 スピーカー紹介 14:15 - 15:10 ブロックチェーン業界トレンド 15:10 - 15:2
  • 韓国版でもAirDorpQが実現!「コイン相場」開発週報 Vol.23

    paypayの衝撃ヤバいっすね。私もビッグカメラ行きます!!さて先週はアプリの改良を続けました。ニュース機能はよりソート精度を上げているのでアップデートをお楽しみください。複数の詳細画面をウォッチリストに戻ることなく見れるようになります。操作が1つ減るだけですがこの小さな違いが大きな違いです!!仮想通貨の人気が日本より熱い韓国ユーザーからの要望に応えました。現在2週間ほどかけて韓国で複数のブロックチェーン企業を訪問しています。有意義な話がたくさんできました。詳細は乞うご期待!