UNIZON - ブロックチェーン技術によるインシュアテックイノベーション

かつての相互扶助組合がそうであったように、保険の原点に還るため、保険を提供するのではなく、自由に企画設計を可能にする仕組みと場を提供する。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
UZN
開始日時
2018-03-15
終了日時
2018-07-22
最低目標
6,000,000 USD
最高目標
36,000,000 USD
初回価格
1 UZN = 0.2 USD
トークン供給数
180,000,000
公式サイトへ Owner of UNIZON?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率34.6%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

かつての相互扶助組合がそうであったように、保険の原点に還るため、保険を提供するのではなく、自由に企画設計を可能にする仕組みと場を提供する。

これは、保険プランを個人が自由に作成、そしてその立ち上がった保険プランの中から意義を得たユーザーが自由に加入する事ができる。Unizon は、ブロックチェーン技術による革新的な相互扶助プロトコル(エスクロープラットフォーム)である。既存の保険会社が掲げる理念と提供商品の実態との乖離に苦悩する多くの保険業従事者たちにとっても、真に必要とされる保険の設計から提供までを可能にする全く新しい保険の価値を生み出すものである。

私達は、本来保険に資産運用は必要ないものと認識しており、加入者グループ内で集めた保険料を共有資産としてプールすることで、お互いでリスクヘッジできると考えている。その為、本来の相互扶助の仕組みをそのまま Unizon の中で実現する。

これにより不必要になった業務プロセスや、事業コストを削減する事が可能となり、不透明な資金管理に陥ることはない。また想定された不確実なリスクが起きなければ、共有資産に余剰金が生まれ、保険プラン加入者へと分配される。

そして私達は、Unizon の維持・拡大に務めるため、保険料の中から僅かながら手数料を徴収する事になるが、それ以外の収益性を求める必要が無く、またそれが出来ないサービス設計を構築することで、利益相反のないエスクロープラットフォームを確立していく。

チーム

Donald Barnes
Donald Barnes
CEO / Founder
James Schmitt
James Schmitt
CSO / Co-Founder
Stephen Berezny
Stephen Berezny
CTO / Co-Founder

人気STO/ICO記事

  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ステーキングサービス「Sanka Network」 by HashHub

     HashHubが運営するPoSの保有報酬を受け取る手続きをするためのプラットフォームです。Sanka Netowrkはユーザーの資産を預かることはせず、ユーザーは自身のウォレットで資産を管理しながら報酬を得られます。今後、コイン相場アプリ内にも各通貨のウォレットを実装、Sanka Networkへ簡単に使える、モバイルクライアントとなる予定です。cosmosvaloper1uyt0yuv7cz7ppwefl9ths336ln7ysvg2jlj76t tz1PYF2Fcqk7YjZGquNy8bFznhCLhyi9PpVzsanka
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・