UNIZON - ブロックチェーン技術によるインシュアテックイノベーション

かつての相互扶助組合がそうであったように、保険の原点に還るため、保険を提供するのではなく、自由に企画設計を可能にする仕組みと場を提供する。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
UZN
開始日時
2018-03-15
終了日時
2018-07-22
最低目標
6,000,000 USD
最高目標
36,000,000 USD
初回価格
1 UZN = 0.2 USD
トークン供給数
180,000,000
公式サイトへ Owner of UNIZON?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率34.6%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

かつての相互扶助組合がそうであったように、保険の原点に還るため、保険を提供するのではなく、自由に企画設計を可能にする仕組みと場を提供する。

これは、保険プランを個人が自由に作成、そしてその立ち上がった保険プランの中から意義を得たユーザーが自由に加入する事ができる。Unizon は、ブロックチェーン技術による革新的な相互扶助プロトコル(エスクロープラットフォーム)である。既存の保険会社が掲げる理念と提供商品の実態との乖離に苦悩する多くの保険業従事者たちにとっても、真に必要とされる保険の設計から提供までを可能にする全く新しい保険の価値を生み出すものである。

私達は、本来保険に資産運用は必要ないものと認識しており、加入者グループ内で集めた保険料を共有資産としてプールすることで、お互いでリスクヘッジできると考えている。その為、本来の相互扶助の仕組みをそのまま Unizon の中で実現する。

これにより不必要になった業務プロセスや、事業コストを削減する事が可能となり、不透明な資金管理に陥ることはない。また想定された不確実なリスクが起きなければ、共有資産に余剰金が生まれ、保険プラン加入者へと分配される。

そして私達は、Unizon の維持・拡大に務めるため、保険料の中から僅かながら手数料を徴収する事になるが、それ以外の収益性を求める必要が無く、またそれが出来ないサービス設計を構築することで、利益相反のないエスクロープラットフォームを確立していく。

チーム

Donald Barnes
Donald Barnes
CEO / Founder
James Schmitt
James Schmitt
CSO / Co-Founder
Stephen Berezny
Stephen Berezny
CTO / Co-Founder

人気ICO記事

  • 【ちょびリッチとは】危険?稼げる?評判とポイントの貯め方を徹底検証|副業・お小遣い稼ぎ・ポイ活

    は運営実績15年以上の老舗のです。会員数も330万人を超えているなど人気のサイトとなっていて、主婦のお小遣い稼ぎやとして注目されているのです。に登録しサイト内で紹介されている広告案件をこなすと換金可能なポイントをゲットできるという流れになります。「でも、それって危険じゃないの?」と感じた方はご安心下さい。の仕組みは広告業界では割とポピュラーな仕組みですので、その一連の流れをご紹介します。自社の宣伝として企業がちょびリッチに ↓ 利用者がの経由で企業のサービスを購入↓ 企業からにが支払われる ↓ は収益の一部をとして利用者に還元広告主の宣伝費としてに支払われる収
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.32 - SNSで簡単にログインできるように開発を進めております。

    最近チャット機能がリリースされ、大勢の方々が利用してくださいましてコイン相場チームは感謝の気持ちでいっぱいです。一方でチャットを荒らす方々もいらっしゃい副作用が出ているのは確かです。(現在対策がないためたくさんのご指摘をいただきました。)その副作用をしっかりとフォローできるように通報機能の開発及びモニタリングを行う予定でございますのでしばらくお待ちください。先週と今週も皆様が便利にアプリをご利用いただけるように開発を進めてまいりました!詳しくは以下の内容をご確認ください。今までコイン相場アプリの登録を行う場合は必ず電話番号の認証が必要でしたが今後はを通じ便利に登録・ログインできるようになりま
  • 【2019年最新版】サラリーマンにおすすめの副業16選!会社員は隙間時間に賢く稼ぐ

    まだ、副業をしていないサラリーマンは危険信号です。もしあなたが一つの会社の収入のみに頼っているのであれば、このブログで紹介するに青ざめるかもしれません。一方でピンチはチャンスと言いまして、とも言えます。このブログが、日本の悩めるサラリーマンの参考になりますと幸いです。サラリーマンのは2017年で432万円です。リーマンショック以降やや回復傾向にはありますが、とはいえの状況であり、今後平均給与が大きく上がるとは考えづらいです。また、会社で給与が1万円しか上がらなかった(あるいは)なんて経験をしている人は多いのではないでしょうか。それもそのはず、終身雇用型の給与形態をとっている会社では