Universal Games Token - ゲーム作成と支援プラットフォーム

Universal Games Tokenは、ゲーム発行元、ゲームサーバー、およびコミュニティが複数のプラットフォームで仮想商品およびゲーム内アイテムを管理できるようにするツールを開発します。 UGTを使用した収益化は、堅牢な機能と提供されているツールセットを使用した重要な焦点となります。 分散プラットフォームとそれをサポートするフレームワークを利用することで、大きなメリットが得られます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
UGT
開始日時
2019-02-01
終了日時
2019-03-01
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
20,000,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
750,000,000
公式サイトへ Owner of Universal Games Token?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率75%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Days 1 to 5 - 15%
  • Days 6 to 10 - 10%
  • Days 11 to 15 - 8%
  • Days 16 to 20 - 6%
  • Days 21 to 25 - 4%

概要

Universal Games Token(UGT)はイーサリアムネットワーク上で発行され、ERC 20標準を満たしています。 新しいUGTマーケットプレースの中心的資産であり、すぐに私たちのゲームの主要通貨になります。

ゲーム発行者/コンテンツ制作者のための利点:

  • 仮想通貨、ゲームアイテム、または特権を表すトークン。
  • プログラムまたはアプリを介して仮想商品を作成および管理。
  • 期間限定または購読ベースの仮想商品の作成。
  • 非代替アイテムまたは特別版のアイテムを作成。
  • バーチャルグッズストア/マーケットプレイスを設定。
  • 仲介者なしで分散型支払いゲートウェイを運営。
  • 透明なトランザクション レポートとコミッションシステムを設定。
  • 詐欺、チャージバック、キャンセルはなし。
  • ブロックチェーン取引のための最低手数料と手数料なし。

チーム すべてを見る

Cristian Tuns
Cristian Tuns
Founder40 age
Timothy Grant
Timothy Grant
Chief Executive Officer
Bogdan Hodorogea
Bogdan Hodorogea
Chief Operating Officer
Miruna-Maura Bărbulescu
Miruna-Maura Bărbulescu
Chief Marketing Officer27 age
Alexandru Crucean
Alexandru Crucean
Sales Operations Manager
Mihaela Carmela Rogojan
Mihaela Carmela Rogojan
Director of Communications

人気STO/ICO記事

  • 【7/17】世界ニュースまとめ - 仮想通貨投資で有名だった「青汁王子」懲役2年求刑、サモア当局、PayPal、リップルに対抗、モバイル送金アプリ「Xoom」を8月リリース予定

    世界的な送金及び決済サービス大手企業PayPalがリップルと競合するモバイル国際送金アプリXoomを8月リリースする予定だ。暗号資産メディアDecryptによると、PayPalは国際送金をより早く便利に提供するためのXoomアプリサビースを来月からヨーロッパ全域で始める。Xoomはヨーロッパ32か国の居住者が世界132か国以上の国に送金できる予定で、まずはヨーロッパからサービスが開始される。Xoomは銀行との提携を通じ、1件当たり、最大8,000パウンド(約100万円)までの送金ができ、送金手数料はヨーロッパ内=4ドル、ヨーロッパ以外=9ドルで設定されている。同メディアはXoomアプリがリリー
  • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

    10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予
  • 【7/13】世界ニュースまとめ - 財務省・金融庁・日銀がリブラの連絡会を設置か、個人情報流出のFacebookに制裁金5,400億円、バイナンスCEO「個人投資家の比率6割以上」、相場の主導は個人投資家

    暗号資産専門メディアCoinpostの報道で財務省・金融庁・日銀が共同で「リブラ」に関する連絡会を設置したことが分かった。リブラは20億人のFacebookユーザーを中心に急激な普及が予想されるが、マネーロンダリングや既存の金融システムに影響などの不透明な部分が多いため、必要に応じ会合を開き、対策などのさまざまな論点について議論する予定だ。参照元:<ins></ins>ブルームバーグによると13日(現地時間)バイナンスCEOは同メディアとのインタビューで、「今年の仮想通貨の価格上昇は機関投資家の参入の結果だという見方もあるが、バイナンスの取引高は約60%が個人投資家によるものだ」と述べ、ビッ