Ubcoin Market - 暗号製品交換

Ubcoin Marketplace - 東欧のモバイル支払いアプリをリードするUbankの今後の飛躍。 イーサリアムブロックチェイン、取引されるUBC仮想通貨、および仮想通貨で商品を購入するためのピアツーピアスマートコントラクト。 Ubcoin Marketは新しい機能としてUbankアプリの一部になります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
UBC
開始日時
2018-04-02
終了日時
2018-08-27
最低目標
2,000 ETH
最高目標
29,000 ETH
初回価格
1 UBC = 0.00009 ETH
トークン供給数
325,000,000
公式サイトへ Owner of Ubcoin Market?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Ubcoin Marketplaceは、暗号化のための現実世界の商品を売買する世界的なモバイルマーケットです。

Cryptocurrency所有者の数は、2020年までに現在の2200万人から2億人におよそ10倍に増加すると予測されています。暗号化の所有者になる最も簡単な方法は、暗号のための商品を販売することです。このアプローチは、今後数年間で大量採用を推進します。   

cryptocurrency市場の資本金は約4,000億ドルです。暗号のために現実世界の財を買うことによって富を費やすという大きな需要があります。 2020年までに世界のスマートフォンの普及率が世界の人口の37%に達すると、モバイルコマースはすぐにウェブ商取引を上回るだろうが、オンラインでの売買活動のほぼ半分はマーケットプレイスで行われている。    Ubcoin Marketplaceはグリーンフィールドプロジェクトではなく、Ubankモバイルアプリの拡張版です。

2009年以降に成熟した会社

当社の現在の製品であるUbankは、世界中で1,600万以上の設備を有しており、

私たちは、50人以上の開発者、最高経営者と顧問の才能、

Ubcoinは既存の製品価値提案を強化し、再構築します

SamsungとFlyは、CISで販売されているすべてのスマートフォンに当社の現在の製品をプリインストールしています。

フラッグシップギャラクシー9を含む   

トークンの販売は、Ethereumブロックチェーンベースのスマート契約の開発、AIベースのスクリーニングおよびKYC技術の開発を促進し、グローバルな拡大に資金を提供するための資金調達を目指しています。 Ubankアプリのユニークな流通モデルは、製造業者によるプレインストールにより、新しい地理に拡大されます。

チーム すべてを見る

Felix Khachatryan
Felix Khachatryan
Founder, CEO
Mazhar Jan
Mazhar Jan
Founder, Investor
Andrew Lee
Andrew Lee
Founder and investor of Ubcoin
Stan Danysh
Stan Danysh
COO of Ubcoin
Alexander Putilin
Alexander Putilin
CTO and chief blockchain developer of Ubcoin
Marina Lerner
Marina Lerner
CMO of Ubcoin

人気STO/ICO記事

  • 【7/13】世界ニュースまとめ - 財務省・金融庁・日銀がリブラの連絡会を設置か、個人情報流出のFacebookに制裁金5,400億円、バイナンスCEO「個人投資家の比率6割以上」、相場の主導は個人投資家

    暗号資産専門メディアCoinpostの報道で財務省・金融庁・日銀が共同で「リブラ」に関する連絡会を設置したことが分かった。リブラは20億人のFacebookユーザーを中心に急激な普及が予想されるが、マネーロンダリングや既存の金融システムに影響などの不透明な部分が多いため、必要に応じ会合を開き、対策などのさまざまな論点について議論する予定だ。参照元:<ins></ins>ブルームバーグによると13日(現地時間)バイナンスCEOは同メディアとのインタビューで、「今年の仮想通貨の価格上昇は機関投資家の参入の結果だという見方もあるが、バイナンスの取引高は約60%が個人投資家によるものだ」と述べ、ビッ
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表