Tourist Review - 透明で不偏な旅行の評価とレビュー

Tourist Reviewは、旅行者や食通のためのブロックチェーンベースの評価プラットフォームで、Tourist Reviewのエコシステムのおかげで、ユーザーが場所や料理をすばやく検索できる環境を作り、仮想通貨を経験した人をつなぐスマートコントラクトを兼ね備えます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TRET
開始日時
2018-10-28
終了日時
2018-11-11
最低目標
250 ETH
最高目標
700 ETH
初回価格
1 TRET = 0.00000005 ETH
トークン供給数
14,000,000,000
公式サイトへ Owner of Tourist Review?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

毎年、私たちは休日などを利用して、旅行します。 満足のいく品質の行き届いたサービス/ホスピタリティを選択するのには多くの時間がかかります。 ほとんどの場合、私たちはプロバイダのウェブサイトのレビューだけに依頼しています。 しかし、それが個人的で客観的であるように見えますが、そのレビューはプロバイダの所有者の権限で偽造され変更される可能性があります。

したがって、私たちはサービスに不満を感じ、早く帰宅することを避けることはできません。我々は上記のように多くの悪い反応を目の当たりにしています。 この問題を解決するために、私たちは、人々が真実かつ正直な経験でお互いをサポートできるソーシャルネットワーキングプラットフォームを創り出すためにこうした問題に対処する方法を見つけました。 そして、世界中の旅行や料理に同じ趣味の人々が実際の経験を共有する新しいプラットフォームを作り出すという考えを思いつきました。 それはTourist Review Globalです。

チーム すべてを見る

Dang Huynh
Dang Huynh
Founder & CEO
Tuan Pham
Tuan Pham
Co-Founder
Kha Do
Kha Do
Marketing
Hoang Le
Hoang Le
Project Manager
Jacky Hieu
Jacky Hieu
Mobile Developer
Cao Gia Luat
Cao Gia Luat
Mobile Developer

人気STO/ICO記事

  • 米長官、リブラや暗号資産に「深刻な懸念」 - 米政府の暗号資産に対する立場を分かりやすく整理

    トランプ大統領は11日、ツイッターを通じリブラや暗号資産に関して「信頼できない」と述べ、銀行と同様の厳しい規制を設けるべきだとトランプ氏の発言に加えて、ムニューシン米財務長官は15日、緊急記者会見を通じて、Facebookが計画している「リブラ」に関してマネーロンダリングやテロリストへの資金供与に悪用される可能性が強い「深刻な懸念を持っている」と話すと共に米国の暗号資産に対する立場を公式に表明した。<ins></ins>1. 米、政府は暗号資産が裏で運用されることを防止するために、米国の銀行に暗号資産関連規制を遵守することを要求する。2. 現在、デジタル資産に関する部署が設立され運営されてい
  • 【7/16】世界ニュースまとめ - BinanceがKRWベースのステーブルコイン発行可能性、Bitmain社、マイニングマシンのメンテナンス認定コースを正式にリリースなど

    ブロックチェーンメディアCoindesk Koreaが世界最大暗号資産取引所バイナンスが正式に韓国市場に進出する予定であると16日報道した。また、この報道と同時に、韓国現地通貨であるウォンでのステーブルコインの発行も予想されると報じた。同メディアによるとバイナンスは「Binance LLC」という商号で5月16日、韓国で登記を済ませた。Binance LLCの理事はブロックチェーンフィンテック企業の(BXB Inc.)のカン・ジホ氏でBXB社は韓国で最初にステーブルコインを発行した企業。こういった背景のある企業との協業が予想されることやバイナンスのCFOが以前、ほかの法定通貨と連動されたステー
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・