TokenPay - 世界で最も安全なコインと支払いプラットフォーム

TokenPayは、高度なセキュリティとプライバシー機能を備えたビットコイン暗号技術を組み込んだブロックチェーンプロジェクトです。 さらに、TokenPayは銀行とクローズドエンドのプライベート取引を組み合わせたプラットフォームを構築しています。 これにより、消費者および加盟店サービスによるコインのより広い採用が可能になります。 TokenPayは、TokenPayプロジェクトのための資金調達と一般的な企業目的のために、厳しい上限のTPAYデジタルトークン販売を開始しています。 これにより、チームはプラットフォームに多くの機能を追加することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TPAY
開始日時
2017-12-07
終了日時
2018-01-17
調達金額
3,656 BTC
最高目標
5,000 BTC
初回価格
0.0005 BTC
トークン供給数
25,000,000
公式サイトへ Owner of TokenPay?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームSeparate blockchain
タイプ不明
参加可能通貨BTC
供給率~64.8%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 1st 7 days - 50%
  • 2nd 7 days - 40%
  • 3rd 7 days - 30%
  • 4th 7 days - 20%
  • 5th 7 days - 10%

概要

TokenPayのプラットフォームは、確立された銀行機関の強みと、暗号通貨の柔軟性と将来への可能性を兼ね備えています。 このネットワークは、遷移ギャップを埋めることにより、ビットコイン、イーサリアム、その他の主要な暗号通貨を法定通貨への交換が可能になります。 また、世界中の販売店やATMでの暗号通貨基金への自由なユーザーアクセスを可能にします。ユーザーは、通常の銀行口座の顧客に法定通貨口座を介して提供される方法と同様に、ビットコインおよびその他の暗号通貨を安全で保証されたウォレットに保管することができます。 その結果、相手方のリスクは、認可を受けた担保付きの銀行によって自然に最小限に抑えられます。 ドイツでのWEG Bank AGの買収により、TokenPayは世界の暗号通貨保有者の固有のニーズに応え、それを理解するような方法で運営することが可能になります。

トークンペイビジョン

TokenPayの目標は、通常の暗号通貨から実物資産への取引を容易に促進する能力を顧客に提供することです。

TokenPay BANK

所有および認可銀行があらゆる種類の取引を処理。TokenPay Walletをシンプルでミニマルなオールインワンの暗号アプリにすることが私たちのビジョンです。基本的に多通貨サポート、クレジットカードでの仮想通貨の購入、TPAYを売買できるATMの検索、 、マーチャントプラットフォームに接続されているあなたの地域の商人の発見、他のコインと交換する(ShapeShiftに似ているもの)そしてさらにeFINと統合します。

プライベート交換

暗号資産および多通貨資産に対するフル流動性サポート

ブロックチェーンテクノロジー

安全なデジタルトークン技術が銀行と支払いのプラットフォームを推進

コーポレート

マーチャント決済プラットフォーム、ホワイトラベルカードサービス、安全な大量取引口座

eFIN

eFINは、TokenPayエコシステムの安全で分散化され、プライベートで、攻撃不可能で、非保管取引プラットフォームのハブです。 ユーザーが新しいEFINコインを使って個人的な金融取引を容易にすることを可能にします。

Infinitesimal

Infinitesimalは新しいブロックチェーンテクノロジです。 Infinitesimalは、ハッシュ化タイムロックコントラクト(HTLC)とクロスチェーンアトミックスワップを使用してスケーラブルな複数の双方向支払いチャネルの分散型ネットワークを利用し、ほぼ瞬時とほぼ手数料ゼロに取引を実現する第2層プロトコルです。

マイルストーン

2018年7月、Litecoinと提携。スイスを本拠地とするCoinlab Capitalの10%を買収。Coinlab CapitalはTokenSuisse AGにブランド変更し、TokenPayのグローバルな資産運用部門となり。Blocksizeを買収

2018年8月、21の新規加盟店が増え。TokenPayのFINMA規制プライバシーコイン証明書はTokenSuisseによって承認された。

2018年9月、仮想通貨取引所のCoinBeneに上場。仮想通貨ウォレットのAtomicWalletと提携。

2018年10月、ゲームサブライセンスが承認され、発行された。CoinExchangeに追加された。

2018年11月、仮想通貨取引所のBitForexに上場

2018年12月、新しいTPAYモバイルウォレットを公開。eFINとCryptoBetの公開を延期。

2019年1月、2019年第1四半期スイスクリプトバレーのトップ50ブロックチェーンリストに選ばれた。

2019年2月、仮想通貨でプレミアムドメイン名を購入できるサイトhttps://www.TokenDomains.comを公開。 TPAYは仮想通貨取引所Coinexmarketに上場。ドイツに本拠を置くWEG Bankの株式を購入。Litecoin FoundationとVergeの両方とパートナーシップを締結。 TPAYモバイルウォレットをApple App StoreとGoogle Playでリリース。 TPAYブロックチェーンもリリース済み。

チーム すべてを見る

Derek Capo
Derek Capo
CEO
Carlos Salazar
Carlos Salazar
CTO
Joseph Pacetti, CPA
Joseph Pacetti, CPA
CFO
John Singh
John Singh
CMO
Senen Garcia
Senen Garcia
GENERAL COUNCIL
Aaron Tian
Aaron Tian
APPLICATION DEVELOPER

人気STO/ICO記事

  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である