Tokenomica - 証券市場革命に参加

Tokenomicaは、トークン化された資産の自動発行、提供、取引のための最初のオールインワン金融プラットフォームです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
Unknown
開始日時
2019-10-28
終了日時
2019-12-15
最高目標
30 BTC
初回価格
0.3 BTC = 1 TKN
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Tokenomica?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームWAVES
タイプOTHERS
参加可能通貨BTC
供給率不明
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域https://files.tokenomica.com/invest/list_of_restricted_countries.pdf
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Tokenomicaは、企業や投資家向けの自動募金ソリューションです。 既存の伝統的な金融市場の最高の要素と革新的な技術を取り入れることで、投資家に質の高い資産に投資する機会を提供します。 あらゆる規模の企業がコンプライアンスに準拠した資金調達キャンペーンを簡単に実施し、投資家にスマート証券を発行して配布し、キャンペーン後のすべての活動を管理できるよう支援します。プラットフォームの中核には、まったく新しい資産クラスがあります。スマート証券は、従来の証券(株式や債券など)の法的本質と最先端の分散型台帳技術を組み合わせたものです。

チーム すべてを見る

Artem Tolkachev
Artem Tolkachev
CEO
Vladislav Komissarov
Vladislav Komissarov
CTO
Kirill Zheleznov
Kirill Zheleznov
Product Manager
 Marie-Virginie Arras
Marie-Virginie Arras
MLRO - Compliance Officer
Georgy Ghukasian
Georgy Ghukasian
Product Manager
 Bronson Tang
Bronson Tang
Head of Sales

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ