Tokenomica - 証券市場革命に参加

Tokenomicaは、トークン化された資産の自動発行、提供、取引のための最初のオールインワン金融プラットフォームです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
Unknown
開始日時
2019-10-28
終了日時
2019-12-15
最高目標
30 BTC
初回価格
0.3 BTC = 1 TKN
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Tokenomica?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームWAVES
タイプOTHERS
参加可能通貨BTC
供給率不明
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域https://files.tokenomica.com/invest/list_of_restricted_countries.pdf
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Tokenomicaは、企業や投資家向けの自動募金ソリューションです。 既存の伝統的な金融市場の最高の要素と革新的な技術を取り入れることで、投資家に質の高い資産に投資する機会を提供します。 あらゆる規模の企業がコンプライアンスに準拠した資金調達キャンペーンを簡単に実施し、投資家にスマート証券を発行して配布し、キャンペーン後のすべての活動を管理できるよう支援します。プラットフォームの中核には、まったく新しい資産クラスがあります。スマート証券は、従来の証券(株式や債券など)の法的本質と最先端の分散型台帳技術を組み合わせたものです。

チーム すべてを見る

Artem Tolkachev
Artem Tolkachev
CEO
Vladislav Komissarov
Vladislav Komissarov
CTO
Kirill Zheleznov
Kirill Zheleznov
Product Manager
 Marie-Virginie Arras
Marie-Virginie Arras
MLRO - Compliance Officer
Georgy Ghukasian
Georgy Ghukasian
Product Manager
 Bronson Tang
Bronson Tang
Head of Sales

人気STO/ICO記事

  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規
  • ファンディーノ(FUNDINNO)について

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価
  • ノアシティ-分権国家の夢の実現

    新たな分散型経済を支持する人にとっての究極の夢は、ブロックチェーン技術の基本原則にのっとって運営される国家に居住することです。すなわち、民主主義、権力分配と分権、コンセンサスによる意思決定、デジタル自治といった原則です。この夢はノアシティによって現実になろうとしています。ノアプロジェクトは長期にわたって暗号資産市場に存在し続けています。最近、ノアプロジェクトはと提携して、ノアがその構築を目指すエコシステム全体をホストするための新ブロックチェーンの開発を進めています。Platinum Q DAOエンジニアリングが関わる別のプロジェクトが、です。これは分散型ネットワーク上で運営され、その分散型