Token Security Scheme - 毎日の使用のためにブロックチェーンをより安全にする

Token Security Scheme(TSS)は、暗号通貨エコシステムにおける既存の安全性の欠陥に対処し、デジタル資産を格納しているすべての取引所または施設への攻撃を防止することを目的としています。 当社のサイバーセキュリティ専門家チームは、支払いおよび銀行業界におけるデジタルキー管理の強力な背景を持ち、暗号通貨エコシステムのセキュリティを強化するために、この技術と最良の慣行を実装する予定です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TSS
開始日時
2017-10-15
終了日時
2017-11-06
初回価格
1 ETH = 1200 TSS
トークン供給数
500,000
公式サイトへ Owner of Token Security Scheme ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - 20%
  • 6-13 November - 15%
  • 13-27 November - 10%
  • 27 November - 4 December - 5%

概要

About Token Security SchemeTSS plan to store crypto-assets such as users’ private keys on Distributed Hardware Security Module (DHSM) infrastructure, which will be set up within Enhanced Payment Card Industry (EPCI) security compliant facilities. These facilities are geographically dispersed in different locations and will be regularly audited by certified professionals to ensure up-to-date compliances. DHSMs will provide a safe ‘Vault’ with proper Cryptocurrencies Key Management System (CKMS) and procedures to mitigate and minimise the risks of digital asset storage in the crypto-currencies eco-system. TSS will allow stakeholders to safeguard digital assets effectively and leave a lasting legacy for their future generations.

TSS is an initiative from 5M Holdings Pte Ltd to improve the security features in relation to the key management within the blockchain eco-system.

チーム

ABRAHAM KEE
ABRAHAM KEE
Co-Founder
DAVID LEW
DAVID LEW
Co-Founder
SIMON TAY
SIMON TAY
Co-Founder
SAMUEL POH
SAMUEL POH
Project Manager (Web Ops/Dev)
KIMBERLY KAN
KIMBERLY KAN
Community Manager (PR/Social Media)
BENJAMIN BAY
BENJAMIN BAY
Social Media Engagement/Admin Support

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ