TIM - 世界最速の取引を可能にする

TIMは、BitPostプロジェクトから派生したチームによって開発されたDLTブロックチェーンプラットフォームです。新しいパッケージとイーサリアムのようなオープンプロジェクトが含まれています。我々は高性能を達成し、EIPのようなオープンプロジェクトにも貢献するために、地理位置ベースのブロックチェーンを発明しました。 重い負荷を負うために必要なパフォーマンスと地域の事故から隔離されたことに基づいて、私たちのチームは、地理採掘、帰属証明、超ローカルDapp仕組みを考案しました。この方法は、大容量を提供します。 TIMはメインネットワーク上の各ブロックのすべてのゾーンで10,000回のトランザクションをサポートできます。TIMネットワークは10,000ゾーンまで拡張できます。トータルのTIMネットワークは、すべてのブロックで1億回のトランザクションを実行できます。ブロックは5秒後に生成されます。超ローカルDappはリアルタイムDAG型ブロックチェーンです。超ローカルDappにはマイニングはありません。疑わしい挙動を示すノードの場合、メインネットワークは超ローカルブロックを掘り起こして衝突を解決する。したがって、正直なDappはリアルタイムで無料です。それ以外の場合は、デフォルトのノードにペナルティを課すことにより5秒の遅延とマイニング料金が課金されます。 TIMプラットフォームは、トランザクション、交換、およびさまざまなDappに使用できます。 TIM財団は、TAXIサービス、UAV追跡、ブロックチェーン上のデジタルトラックと追跡を促進しています。 そのため、TIMはAmazon Web Servicesに似ています。 TIM上で自由に操作できるように、多数のサービスをホストすることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TIM
開始日時
2018-02-24
終了日時
2018-03-24
最低目標
2,000 ETH
最高目標
500,000 ETH
初回価格
10,000 TIM = 1 ETH
トークン供給数
100,000,000
公式サイトへ Owner of TIM?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

なぜ、TIMはより良いお金のインターネットですか?

  • 真に分散された
  • キロバイトサイズのネットワーク状態ファイルによるGEO-MININGの高速化
  • 紛争処理手数料無料 - 無料のdAppを許可
  • フォークプルーフプロトコル - オープンソースGEO-MINING
  • 有名な慈善事業者と非営利の信託によって管理されている
  • 固有の社会モデルは銀行/投資家の自由を与える
  • 社会起業家の育成

チーム

SHARMISTHA SINGH
SHARMISTHA SINGH
CEO
PRABHAT K SINGH
PRABHAT K SINGH
CHIEF & CORE-DEV
VIPIN VERMA
VIPIN VERMA
DEVELOPER
AMRIT K PATI
AMRIT K PATI
PROJECT/INTEGRATION LEAD
PRACHI DUBEY
PRACHI DUBEY
FABRICATION EXPERT
HADI MOHD
HADI MOHD
DEVELOPER

人気STO/ICO記事

  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[