Swash - データの所有権を再考

Swashは、データの所有権を再考し、データ経済のすべての関係者が、データのための流動的なデジタルエコシステムにおいて、獲得、アクセス、構築、コラボレーションできるようにします。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
s
開始日時
2021-10-01
終了日時
2021-10-31
初回価格
0.07
トークン供給数
1,000,000
公式サイトへ Owner of Swash?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプOTHERS
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Swashは、人々、企業、開発者が、データをプールし、安全に共有し、価値を収益化することで、データの潜在的な価値を引き出すことを可能にするツールとサービスのエコシステムです。

人々は、自分のデータを共有することで、プライバシーを維持しながら収入を得ることができます。企業は、高品質でゼロパーティのデータに、持続可能かつコンプライアンスに則った方法でアクセスできます。開発者は、共同開発フレームワークを利用して、簡単にシステムを構築することができます。

パートナーおよび投資家:

Chainlink社、Ocean Protocol社、Streamr社、Outlier Ventures社、Boson Protocol社、DPPA社、1World Online社、Tapmydata社、Amasa社、WEDF社、Crunch Media社、3Box社

これまでのメディア掲載:

Harvard Business Review, Forbes, Cointelegraph, CoinDesk, Hackernoon, GirlGoneCrypto, ODI, dappcom, Mozilla Foundation

USPs:

  • 最大のブロックチェーンVCの1つと、暗号の世界でトップのいくつかによってバックアップされます。

  • 急速に成長しているコミュニティとインフルエンサーを持つ成功した実用的な製品

  • 強力な法律、マーケティング、技術リソースとパートナーシップ

  • 大規模な市場の可能性があり、データ産業の価値を引き出しながら、暗号を主流にする

  • web3の代表的な創業者を含む、ブロックチェーン分野で成功を収めた経験豊富なチームとアドバイザー

  • 初期の投資家にインセンティブを与え、トークンの価値を高めるためのバイバック&バーンメカニズムを備えたクロスチェーントークン(ETHとBSC)を用意

  • 複数のステークホルダーと相互運用性を備えたスケーラブルなエコシステムの構築

チーム

Reza Naeeni
Reza Naeeni
Core Contributor - Team Lead
Chloe Diamond
Chloe Diamond
Core Contributor - Marketing
Ebrahim Khalilzadeh
Ebrahim Khalilzadeh
Core Contributor - Technology
Masoud Sarabadani
Masoud Sarabadani
Core Contributor - DevOps
Mehrdad Abdi
Mehrdad Abdi
Core Contributor - Security

人気STO/ICO記事

  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ