Starta - Starta アクセラータープログラム

Starta Acceleratorは2015年にStarta Capital VC Fundによって開始されたアクセラータープログラムです。Starta Acceleratorの使命は東ヨーロッパの先端技術企業が米国市場に参入できる機会を与えることです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
STA
開始日時
2017-07-04
終了日時
2017-08-03
調達金額
5058033 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Starta?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

概要

Starta Acceleratorは2015年にStarta Capital VC Fundによって開始されたプログラムであり、 東ヨーロッパの先端技術企業が米国市場に参入できる機会を与える事を目的としている。 また、この先進的なプロジェクトは、東ヨーロッパの先進的なハイテク企業が、VCからの資金調達を民主的にすることも目的としている。 誰であっても、ブロックチェーントークンを使用し取引することで、アクセラレータ(ハイテク企業21社)に投資可能となり、米国市場も東ヨーロッパのハイテク企業群(21社)に投資可能となるのだ。

実際、Startaは、この独自の資金管理手法を採用した世界で最初の資金の1つであり、 具体的には、ハイブリッドモードで運用され、投資家はベンチャー業界の伝統的なモデルであるLPとしてファンドに参加する機会を得るだけでなく、個々の企業の資本に合わせたセキュリティトークンを持つことが可能になる。

投資家課題を解決

Startaは、ブロックチェーンを使用して、既存の投資家とVC間の課題を解決します。Sentraトークンは取引所で取引可能であり、既存のVC契約よりも高い柔軟性があります。通常投資家は、投資対象企業の株の売却時期を見定める為に多大なコストがかかります。

StartaモデルはCrossCoinによりStarta Accelerator21社の株式を、Wavesのトークンセールで収集した資金を使用して保有し、収益性の高いアメリカ市場に参入し、顧客を獲得し、新しいバイヤーを拡大、獲得するものである。よって株式の売却が達成されると、その利益でStartaトークンを買い戻す為に使用され、結果Startaトークン価格を上昇させる。

上記で登場したCross Coinとは、Starta Acceleratorに投資する唯一の目的を持つICOに親和性のある管轄区域としてシンガポールに設立されたSPVであり、目的は、ベンチャーキャピタル・Accelerator企業群・新興企業が暗号資産を使用して資本を調達することを支援することである。

投資構造

Startaは現在のAccelerator企業21社をリファイナンスするために150万ドルを調達目標としています。クラウドセールは500万ドルが上限であり、150万ドル以上の資金調達が可能な場合は、新たな新興企業群の資金調達に使用予定です。

Starta Venturesのチームは、Wavesブロックチェーンの最先端技術を活用することで、ハイブリッド投資モデルを成長させるための基盤を既に定めており、ヨーロッパ各地からハイテク企業の候補者を選ぶプロセスを合理化済です。 2018年3月1日現在、50社以上のStartaのポストアクセラレーション企業にフォローアップ投資を行っています。

チーム すべてを見る

Starta Capital Accessor Fund I, L.P.
Starta Capital Accessor Fund I, L.P.
Bank Saint Petersburg
Bank Saint Petersburg
Evgeny Medvednikov
Evgeny Medvednikov
Sergey Solonin
Sergey Solonin
Kairat Kaliyev
Kairat Kaliyev
Nikolay Belykh
Nikolay Belykh

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ