SonoCoin - 最初の可聴仮想通貨

SonoCoinは、Proof-of-Stake(PoS)プロトコルを使用してトランザクションを検証する独自のブロックチェーンシステムで動作するデジタル暗号化されたオーディオファイルです。 SonoCoinオーディオファイルはサウンドを再生する任意のデバイスで認識され、記録されるコードのサウンド解釈です。SonoCoinソリューションはビットコインのピアツーピアバリュー転送に似ていますが、PayPalに似た使いやすく改善されたプラットフォームがあります。 エンドユーザーのコストを削減するために、サービスは簡素化されたより軽いプロトコルに合理化されています。 オペレーションとインターフェイスでは、軽量バージョンのブロックチェーンネットワークを使用しているため、より高速なトランザクションで分散処理が可能です。 また、このフレームワークは、さまざまなポピュラーなピアツーピアメッセージングプラットフォーム、ソーシャルネットワーク、電子メールにまたがるトランザクションの柔軟性を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SONO
開始日時
2017-11-29
終了日時
2017-12-28
最高目標
121,250,000 USDd
初回価格
1.25 ~ 2 USD
トークン供給数
70,000,000
公式サイトへ Owner of SonoCoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH, XRP
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

アンメット市場のニーズとSonoCoinの機会

支払い処理産業

SonoCoinのネットワーク使用料は、合計トランザクションで約0.5%になります。 加えて、SonoCoinは、ユーザーに完全なアクセシビリティを提供することで、AML / KYCの広範な要件の負担を解消します。

ゲーム業界

SonoCoinは、多様な特性に基づいて、主要なデジタル通貨としてゲームコミュニティに採用されることを目指しています。 すべてのゲームプラットフォームとオンラインショップに共通の通貨を受け入れることで、伝統通貨への二次的な変換の必要性がなくなります。

広告業界

SonoCoinは、広告を通してコインの超音波周波数伝達を導入することによって広告業界に革命を起こすように見えます。コインが回収されると、顧客はSonoCoinを交換して商品やサービスの割引を受けることができます。

チーム すべてを見る

Leonid Afanasyev
Leonid Afanasyev
Founder
Thaddeus Burns
Thaddeus Burns
Member of Advisory Board
Jean-Henry Morin
Jean-Henry Morin
Member of Advisory Board
JJ Sendelbach
JJ Sendelbach
Member of Advisory Board
Christian Frampton
Christian Frampton
Member of Advisory Board
Arnaud B. Perdrizet
Arnaud B. Perdrizet
Member of Advisory Board

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとは?

    株式投資型クラウドファンディングは、金融商品取引法の改正に伴って2015年5月から始まった新しい株式投資の手段です。実際には、2016年10月に初めて専用ライセンスが金融庁が発行され、が成立しているので、3年弱の運用期間になる比較的新たらしい金融商品になります。※いわゆる有価証券の取扱になるので、第一種金融商品取引業のライセンスが必要になります。これまで、ベンチャーキャピタルや一部のエンジェル投資家しか購入出来なかった未公開株をインターネット上で広く購入出来るようになる仕組みです。購入金額も数十万円からとなり、個人でも購入しやすい仕組みとなっています。非上場企業の株式ですので、該当企業が上場
  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ
  • バイナンス、日本居住者の取引機能を制限予定

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが16日、ホームページを通じ後日、日本居住のユーザーを対象に取引機能を制限する予定と発表した。詳細の内容はまだ、決まっておらず追って連絡するとのこと。バイナンスは過去に日本語でサービス提供をしていたが2018年3月、金融庁から無許可営業を行ったとしてを受けたことがある。(2018年に改正資金決済法が施行され、仮想通貨交換業者登録が必要になったため)その後、日本語でのサービスは中止し、営業をしてきた。一部のメディアは今年の春に施行が予定されている資金決済法及び金商法改正の影響が今回の取引機能の制限に繋がったと予測している。<ins></ins>比較記事を読