SonoCoin - 最初の可聴仮想通貨

SonoCoinは、Proof-of-Stake(PoS)プロトコルを使用してトランザクションを検証する独自のブロックチェーンシステムで動作するデジタル暗号化されたオーディオファイルです。 SonoCoinオーディオファイルはサウンドを再生する任意のデバイスで認識され、記録されるコードのサウンド解釈です。SonoCoinソリューションはビットコインのピアツーピアバリュー転送に似ていますが、PayPalに似た使いやすく改善されたプラットフォームがあります。 エンドユーザーのコストを削減するために、サービスは簡素化されたより軽いプロトコルに合理化されています。 オペレーションとインターフェイスでは、軽量バージョンのブロックチェーンネットワークを使用しているため、より高速なトランザクションで分散処理が可能です。 また、このフレームワークは、さまざまなポピュラーなピアツーピアメッセージングプラットフォーム、ソーシャルネットワーク、電子メールにまたがるトランザクションの柔軟性を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SONO
開始日時
2017-11-29
終了日時
2017-12-28
最高目標
121,250,000 USDd
初回価格
1.25 ~ 2 USD
トークン供給数
70,000,000
公式サイトへ Owner of SonoCoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH, XRP
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

アンメット市場のニーズとSonoCoinの機会

支払い処理産業

SonoCoinのネットワーク使用料は、合計トランザクションで約0.5%になります。 加えて、SonoCoinは、ユーザーに完全なアクセシビリティを提供することで、AML / KYCの広範な要件の負担を解消します。

ゲーム業界

SonoCoinは、多様な特性に基づいて、主要なデジタル通貨としてゲームコミュニティに採用されることを目指しています。 すべてのゲームプラットフォームとオンラインショップに共通の通貨を受け入れることで、伝統通貨への二次的な変換の必要性がなくなります。

広告業界

SonoCoinは、広告を通してコインの超音波周波数伝達を導入することによって広告業界に革命を起こすように見えます。コインが回収されると、顧客はSonoCoinを交換して商品やサービスの割引を受けることができます。

チーム すべてを見る

Leonid Afanasyev
Leonid Afanasyev
Founder
Thaddeus Burns
Thaddeus Burns
Member of Advisory Board
Jean-Henry Morin
Jean-Henry Morin
Member of Advisory Board
JJ Sendelbach
JJ Sendelbach
Member of Advisory Board
Christian Frampton
Christian Frampton
Member of Advisory Board
Arnaud B. Perdrizet
Arnaud B. Perdrizet
Member of Advisory Board

人気STO/ICO記事

  • 2019年のブロックチェーン特許申請・・中国67%・米国16%·日本5%·ドイツ4%·韓国2%

    中国メディアIPRdailyは最近2019年、上半期の世界ブロックチェーン関連の「特許申請企業ランキング100」を発表した。2019年は2018年の特許申請数をはるかに上回っている。報道によると、特許申請の数が一番多かった企業は中国企業の「アリババ」で合わせて322件を申請していた。次は中国の保険会社「平安」が274件(2位)、その次はアンティグア・バーブーダ(カリブ海東部に位置する島国)のブロックチェーン企業「nChain」が241件(3位)だった。※資料: マスターカード 79件(10位) マイクロソフト 35件(22位)一方で日本企業は NEC 18件(46位) SONY
  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    ✅【便利】初心者でも使いやすい初心者でも簡単に取引できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高いバックグラウンド三菱UFJやみずほフィナンシャルグループなどメガバンクを含む名だたる大企業が株主になっており、運営企業の信頼性が高いです。また、三井住友海上と連携し、国内初となるビットコイン事業者向けサイバー保険を開発するなどユーザーが安心できるサービス展開をしています。✅【お得】ビットコインをタダで入手できるbitFlyer経由で
  • ビットコインのアルゴリズム(PoW)の生みの親、Adam氏「BTCはいずれ5万ドルを超える」と主張

    仮想通貨メディアNEWSBTCによると、「Blockstream」のCEOでビットコイン(BTC)の重要技術であるコンセンサス・アルゴリズム「Proof of Work (以下、PoW)」の生みの親として知られているAdam Backが「ビットコインはいずれ5万ドル(約540万円)を超える」と主張した。Adamは9月7日ツイッターを通じ、「2020年の半減期(halvening)、地政学的な不確実性(geopolitical uncertainty)、15兆ドル規模のマイナス金利で発行された債権、現代貨幣理論(MMT:Modern Monetary Theory)などを総合すると、BTCの価格