SonoCoin - 最初の可聴仮想通貨

SonoCoinは、Proof-of-Stake(PoS)プロトコルを使用してトランザクションを検証する独自のブロックチェーンシステムで動作するデジタル暗号化されたオーディオファイルです。 SonoCoinオーディオファイルはサウンドを再生する任意のデバイスで認識され、記録されるコードのサウンド解釈です。SonoCoinソリューションはビットコインのピアツーピアバリュー転送に似ていますが、PayPalに似た使いやすく改善されたプラットフォームがあります。 エンドユーザーのコストを削減するために、サービスは簡素化されたより軽いプロトコルに合理化されています。 オペレーションとインターフェイスでは、軽量バージョンのブロックチェーンネットワークを使用しているため、より高速なトランザクションで分散処理が可能です。 また、このフレームワークは、さまざまなポピュラーなピアツーピアメッセージングプラットフォーム、ソーシャルネットワーク、電子メールにまたがるトランザクションの柔軟性を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SONO
開始日時
2017-11-29
終了日時
2017-12-28
最高目標
121,250,000 USDd
初回価格
1.25 ~ 2 USD
トークン供給数
70,000,000
公式サイトへ Owner of SonoCoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH, XRP
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

アンメット市場のニーズとSonoCoinの機会

支払い処理産業

SonoCoinのネットワーク使用料は、合計トランザクションで約0.5%になります。 加えて、SonoCoinは、ユーザーに完全なアクセシビリティを提供することで、AML / KYCの広範な要件の負担を解消します。

ゲーム業界

SonoCoinは、多様な特性に基づいて、主要なデジタル通貨としてゲームコミュニティに採用されることを目指しています。 すべてのゲームプラットフォームとオンラインショップに共通の通貨を受け入れることで、伝統通貨への二次的な変換の必要性がなくなります。

広告業界

SonoCoinは、広告を通してコインの超音波周波数伝達を導入することによって広告業界に革命を起こすように見えます。コインが回収されると、顧客はSonoCoinを交換して商品やサービスの割引を受けることができます。

チーム すべてを見る

Leonid Afanasyev
Leonid Afanasyev
Founder
Thaddeus Burns
Thaddeus Burns
Member of Advisory Board
Jean-Henry Morin
Jean-Henry Morin
Member of Advisory Board
JJ Sendelbach
JJ Sendelbach
Member of Advisory Board
Christian Frampton
Christian Frampton
Member of Advisory Board
Arnaud B. Perdrizet
Arnaud B. Perdrizet
Member of Advisory Board

人気STO/ICO記事

  • 【中級・上級者向け】仮想通貨トレードの機会損失を防ぐ「Proアラート」リリース

    仮想通貨アプリ・コイン相場がついに有料会員制度・プレミアム会員をリリースしました!その中でも一番の目玉の機能はです。Proアラートとは、簡単にいうと価格アラートの上位互換版です。これまでの価格変動アラートに加えて、やを、コイン相場のPUSH通知でユーザーの皆様にお知らせする機能です。常にチャートに張り付いてトレードをしている方でも、多くの通貨ペアを同時に追い続けるの、苦しく無いですか?その点、Proアラートでは対応している取引所の全ての通貨ペアの分析をし、重要な局面の時だけ、ユーザーに教えてくれます。Proアラートがあれば、、、これで、これまで取りこぼしていたチャンスも、拾うことができた
  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi