SonoCoin - 最初の可聴仮想通貨

SonoCoinは、Proof-of-Stake(PoS)プロトコルを使用してトランザクションを検証する独自のブロックチェーンシステムで動作するデジタル暗号化されたオーディオファイルです。 SonoCoinオーディオファイルはサウンドを再生する任意のデバイスで認識され、記録されるコードのサウンド解釈です。SonoCoinソリューションはビットコインのピアツーピアバリュー転送に似ていますが、PayPalに似た使いやすく改善されたプラットフォームがあります。 エンドユーザーのコストを削減するために、サービスは簡素化されたより軽いプロトコルに合理化されています。 オペレーションとインターフェイスでは、軽量バージョンのブロックチェーンネットワークを使用しているため、より高速なトランザクションで分散処理が可能です。 また、このフレームワークは、さまざまなポピュラーなピアツーピアメッセージングプラットフォーム、ソーシャルネットワーク、電子メールにまたがるトランザクションの柔軟性を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SONO
開始日時
2017-11-29
終了日時
2017-12-28
最高目標
121,250,000 USDd
初回価格
1.25 ~ 2 USD
トークン供給数
70,000,000
公式サイトへ Owner of SonoCoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH, XRP
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

アンメット市場のニーズとSonoCoinの機会

支払い処理産業

SonoCoinのネットワーク使用料は、合計トランザクションで約0.5%になります。 加えて、SonoCoinは、ユーザーに完全なアクセシビリティを提供することで、AML / KYCの広範な要件の負担を解消します。

ゲーム業界

SonoCoinは、多様な特性に基づいて、主要なデジタル通貨としてゲームコミュニティに採用されることを目指しています。 すべてのゲームプラットフォームとオンラインショップに共通の通貨を受け入れることで、伝統通貨への二次的な変換の必要性がなくなります。

広告業界

SonoCoinは、広告を通してコインの超音波周波数伝達を導入することによって広告業界に革命を起こすように見えます。コインが回収されると、顧客はSonoCoinを交換して商品やサービスの割引を受けることができます。

チーム すべてを見る

Leonid Afanasyev
Leonid Afanasyev
Founder
Thaddeus Burns
Thaddeus Burns
Member of Advisory Board
Jean-Henry Morin
Jean-Henry Morin
Member of Advisory Board
JJ Sendelbach
JJ Sendelbach
Member of Advisory Board
Christian Frampton
Christian Frampton
Member of Advisory Board
Arnaud B. Perdrizet
Arnaud B. Perdrizet
Member of Advisory Board

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ