Slothee - ビジネスネットワーキング。どこでも。どんなときも。

Slotheeは、コミュニケーションのためにブロックチェーンを使用してデータをプライバシーとセキュリティを確保することで、あらゆる分野の人々を志を同じくする洞察に満ちたビジネス専門家と結びつけることを目的とした現代のビジネスネットワーキングプラットフォームです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SLO
開始日時
2019-05-15
終了日時
2019-06-28
最高目標
19,000,000 USD
初回価格
0.0800 USD
トークン供給数
280,000,000
公式サイトへ Owner of Slothee?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, ARB, Fiat
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Slotheeは、あらゆる分野において、志を同じくする洞察に満ちたビジネスの専門家やベテランと人々を結びつけることを目的とした現代的なビジネスネットワーキングプラットフォームです。 現在のソーシャルネットワーキングアプリケーションにおけるデータ侵害、プライバシーの問題、およびユーザ追跡について聞くのもがっかりするため、ビジネスの専門家に頼るのは困難です。

ミッション

プライバシーの問題を気にせずに企業をつなぐためのプラットフォーム。

目的

ブロックチェーンテクノロジを活用して、人々とのつながりを高め、ビジネスのプレゼンスを高め、プライベートコミュニケーションを促進し、価値を移転することで、ビジネスの成長を支援します。

ビジネスネットワーキングアプリSlotheeを作成しました。 アプリは現在MVPレベルにあり、ダウンロードできます。 私たちはデータのプライバシーを守るために、Whisperプロトコルに基づくDAppにアプリをアップグレードすることを進めています。 Slotheeは、ソーシャルメディア業界でのブロックチェーン技術の利用における先駆者としての地位を確立しようとしています。

チーム すべてを見る

Praveen Kallipatti
Praveen Kallipatti
Founder
Bhavadharani Karunakaran
Bhavadharani Karunakaran
Co-founder
Gopal Marthandam
Gopal Marthandam
Blockchain
Basak Gaziler
Basak Gaziler
Community
Mohan Rajendiran
Mohan Rajendiran
Technology
Nina Kereselidze
Nina Kereselidze
PR & Media

人気STO/ICO記事

  • 中国のニュースで「バイナンスの上海事務所閉鎖」について集中報道・・支社ではなく外注チーム

    上海の代表的な地域放送「东方卫视」が25日、ニュース番組を通じ、バイナンスの上海事務所閉鎖に関する特集を報道した。報道で、リポーターが直接バイナンスの上海事務所として知られている場所を訪問した結果、事務所は閉鎖され社員が既に撤収した状態であることが確認できた。事務所の閉鎖は最近、当局の仮想通貨企業を対象にした取り締まりが原因と考えられる。しかし、同メディアは閉鎖されたバイナンスの上海事務所は支社ではなく、「外注チーム」で顧客応対担当や少数の開発者で構成されていたと伝えた。また、この事務所の人力を採用するプロセスでブロックチェーンメディア「BABI财经」という法人名が使われていたことも分かった。
  • 取引所診断ツール11月版アップデートについて(Liquidの手数料変更対応)

    今年の8月30日にリリースしまし「ぴったり仮想通貨取引所診断」が11月を迎えて新しくアップデートされましたのでお知らせします。アップデートの理由はLiquidの取引手数料の政策の変更によるものです。以前、Liquidの取引手数料はすべて無料でしたが現在、0.05%(QASHでの支払い)、0.1%(QASH以外での支払い)などの条件で手数料が変更がありました。頻繁に取引するトレーダーの中でテイカーでの取引を好む方々にはテイカー取引手数料が無料だったLiquidをオススメしていましたが、今回の手数料変更によりテイカー取引の国内最低手数料はGMOコインになりましたので反映させていただきました。また、
  • 韓国大手取引所Upbitハッキング疑惑・・KISAが調査中

    韓国、最大級大手取引所Upbit(アップビット)で600億ウォン相当の大金が出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。Upbit(アップビット)は「サーバー点検による、仮想通貨入出金の一時中止」をアナウンスしている。27日、韓国の業界の情報筋よると午後2時16分Upbit(アップビット)のウォレットで約600億ウォンに達する仮想通貨が匿名の口座に出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。まず出金された仮想通貨はETH(イーサリアム)で560億ウォンが出金された後、1次点検がアナウンスされた。その後、ビットトレントトークン(BTT)40億ウォンが出金され2次点検がアナウンスされている。<in