Slothee - ビジネスネットワーキング。どこでも。どんなときも。

Slotheeは、コミュニケーションのためにブロックチェーンを使用してデータをプライバシーとセキュリティを確保することで、あらゆる分野の人々を志を同じくする洞察に満ちたビジネス専門家と結びつけることを目的とした現代のビジネスネットワーキングプラットフォームです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SLO
開始日時
2019-05-15
終了日時
2019-06-28
最高目標
19,000,000 USD
初回価格
0.0800 USD
トークン供給数
280,000,000
公式サイトへ Owner of Slothee?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, ARB, Fiat
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Slotheeは、あらゆる分野において、志を同じくする洞察に満ちたビジネスの専門家やベテランと人々を結びつけることを目的とした現代的なビジネスネットワーキングプラットフォームです。 現在のソーシャルネットワーキングアプリケーションにおけるデータ侵害、プライバシーの問題、およびユーザ追跡について聞くのもがっかりするため、ビジネスの専門家に頼るのは困難です。

ミッション

プライバシーの問題を気にせずに企業をつなぐためのプラットフォーム。

目的

ブロックチェーンテクノロジを活用して、人々とのつながりを高め、ビジネスのプレゼンスを高め、プライベートコミュニケーションを促進し、価値を移転することで、ビジネスの成長を支援します。

ビジネスネットワーキングアプリSlotheeを作成しました。 アプリは現在MVPレベルにあり、ダウンロードできます。 私たちはデータのプライバシーを守るために、Whisperプロトコルに基づくDAppにアプリをアップグレードすることを進めています。 Slotheeは、ソーシャルメディア業界でのブロックチェーン技術の利用における先駆者としての地位を確立しようとしています。

チーム すべてを見る

Praveen Kallipatti
Praveen Kallipatti
Founder
Bhavadharani Karunakaran
Bhavadharani Karunakaran
Co-founder
Gopal Marthandam
Gopal Marthandam
Blockchain
Basak Gaziler
Basak Gaziler
Community
Mohan Rajendiran
Mohan Rajendiran
Technology
Nina Kereselidze
Nina Kereselidze
PR & Media

人気STO/ICO記事

  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、