Slothee - ビジネスネットワーキング。どこでも。どんなときも。

Slotheeは、コミュニケーションのためにブロックチェーンを使用してデータをプライバシーとセキュリティを確保することで、あらゆる分野の人々を志を同じくする洞察に満ちたビジネス専門家と結びつけることを目的とした現代のビジネスネットワーキングプラットフォームです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SLO
開始日時
2019-05-15
終了日時
2019-06-28
最高目標
19,000,000 USD
初回価格
0.0800 USD
トークン供給数
280,000,000
公式サイトへ Owner of Slothee?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, ARB, Fiat
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Slotheeは、あらゆる分野において、志を同じくする洞察に満ちたビジネスの専門家やベテランと人々を結びつけることを目的とした現代的なビジネスネットワーキングプラットフォームです。 現在のソーシャルネットワーキングアプリケーションにおけるデータ侵害、プライバシーの問題、およびユーザ追跡について聞くのもがっかりするため、ビジネスの専門家に頼るのは困難です。

ミッション

プライバシーの問題を気にせずに企業をつなぐためのプラットフォーム。

目的

ブロックチェーンテクノロジを活用して、人々とのつながりを高め、ビジネスのプレゼンスを高め、プライベートコミュニケーションを促進し、価値を移転することで、ビジネスの成長を支援します。

ビジネスネットワーキングアプリSlotheeを作成しました。 アプリは現在MVPレベルにあり、ダウンロードできます。 私たちはデータのプライバシーを守るために、Whisperプロトコルに基づくDAppにアプリをアップグレードすることを進めています。 Slotheeは、ソーシャルメディア業界でのブロックチェーン技術の利用における先駆者としての地位を確立しようとしています。

チーム すべてを見る

Praveen Kallipatti
Praveen Kallipatti
Founder
Bhavadharani Karunakaran
Bhavadharani Karunakaran
Co-founder
Gopal Marthandam
Gopal Marthandam
Blockchain
Basak Gaziler
Basak Gaziler
Community
Mohan Rajendiran
Mohan Rajendiran
Technology
Nina Kereselidze
Nina Kereselidze
PR & Media

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ