Sentinel Chain - 世界初の金融包括サービス市場

Sentinel Chainは、非銀行利用者に手頃な価格で安全な金融サービスを提供するように設計されたB2B市場です。 Sentinel Chainは保険、ローン、担保、クラウドファンディング、コミュニティプロジエクト、電子支払いの6つの主要機能を備えるユーティリティトークンであるSentinel Chain Token(SENC)を発行します。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
SENC
開始日時
2018-03-06
最高目標
14,400,000 USD
トークン供給数
200,000,000
公式サイトへ Owner of Sentinel Chain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

保険

保険会社は、CrossPay Blockchainの検証可能な動物資産に基づいて、CrossPay Blockchainに動物保険を発行することができます。

融資

地方金融会社は、動物担保をヘッジしたクロスペイ・ブロックチェインにローン契約を公表することができます。

集計

地方金融会社は、海外金融会社からの借入に担保として利用することができます。

クラウドファンディング

海外のピアツーピア貸出およびクラウドファンディング・プラットフォームは、Sentinel Chainのサービスを使用して、地方金融会社に資金を提供することができます。

コミュニティプロジェクト

Sentinel Chainのサービスを利用する海外の援助機関は、人道援助や災害救援のような地域社会のプロジェクトに資金を提供することができます。

電子支払い

トークン所有者はCrossPay Blockchainのサービスを使用して、地元の商人と電子決済を行うことができます。

チーム すべてを見る

Roy Lai
Roy Lai
CEO/CTO/Founder
Chia Hock Lai
Chia Hock Lai
Foundation Member
Anson Zeall
Anson Zeall
Foundation Member
Zann Kwan
Zann Kwan
Foundation Member
Anne Riana
Anne Riana
Head, PR and Marketing
Ziyang
Ziyang
Head, Community Management

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。