Second Life Coin - 分散ヘルプコミュニティ

革新的なブロックチェーンサービスを利用して、独自のブロックチェーンエコシステムを構築し、デジタル資産を保護することで世界中で助けを必要とする人々に利益をもたらすことができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
Second Life Coin / SLC
開始日時
2019-05-01
終了日時
2019-12-14
最低目標
350,000 USD
最高目標
860,000 USD
初回価格
0.0200 USD
トークン供給数
50,560,000
公式サイトへ Owner of Second Life Coin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームSeparate blockchain
タイプCoin
参加可能通貨USD, BTC, ETH, XRP, EOS, LTC
供給率4%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

地球上で自然災害、病気、貧困、そして干ばつの犠牲になってきた何百万もの人々が命を奪っています。Second Life Coinは、食糧、健康、避難所、教育などの重要な問題で地域にサービスを提供することによって、ほとんどすべての人体のニーズを満たすことを目指しています。基本的な人道主義の基準に従って、必要としている人々は、年齢、性別、人種、肌の色、民族、身体障害または健康状態にかかわらず、政治的および宗教的関係から援助を受けます。それはまた、援助を必要としないレベルに達するために、貧しい地域のための戦略を開発します。

チーム

Candas Caloglu
Candas Caloglu
President & Founding Partner
Cetin Sonmez
Cetin Sonmez
Vice President & Founding Partner
Beck Musoev
Beck Musoev
Marketing Executive
Tufan Sereflioglu
Tufan Sereflioglu
Community Manager

人気STO/ICO記事

  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元: