Resistance - プライバシーを重視する初の分散型取引所とブロックチェーン

Resistanceのプライバシーを重視したDEX、ResDEXは、ユーザーが使いやすいインターフェースを通して互いに直接取引することを可能にします。 ユーザーは、プライバシーに対する権利を維持しながら、暗号通貨を交換する自由があります。 私たちのオープンソース哲学はコードが透明であり続けることを保証します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
RES
最高目標
6,800,000 USD
初回価格
1 RES = $0.30523
トークン供給数
30,000,000
公式サイトへ Owner of Resistance?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC-20
参加可能通貨Others
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ResDEXは高度なアトミックスワップを利用して、使いやすいインターフェースを通じて、ほとんどすべての暗号通貨の迅速で直接的なリスクフリー取引を可能にします。ユーザーは常に自分のデータ、ID、Wallet、および資産を完全に管理できます。

Resistanceウォレットは、軍用グレードの256ビットAdvanced Encryption StandardまたはAES-256で保護されています。これは今利用可能な最も安全な暗号化アルゴリズムの1つであり、NSAも利用しています。

Resistanceのプライバシー指向のブロックチェーンは、ResDEXでのプライベートな取引を可能にし、ユーザーにゼロ知識証明を通して取引を検証することによって完全にプライベートな取引を実行するオプションを提供します。

Resistanceコイン(RES)は、ブロックがProof of Workでマイニングされたときに作成されます。Resistanceのプライバシー指向のブロックチェーンを利用することで、ユーザーはRESを中間コインとして使用して、ほとんどすべての暗号通貨にプライバシーを追加することができます。

Resistance CPUに最適化されたマイナーは、マイニングプロセスを民主化します。Resistanceブロックチェーンのマイニングを開始するために必要なのは、macOS、Windows、またはLinuxオペレーティングシステムを実装しているラップトップコンピュータまたはデスクトップコンピュータだけです。

ブロック報酬と取引手数料は、ホワイトリストに登録されたBOINCプロジェクトのマスターノード、プロジェクト開発、作業証明、および研究証明に分けられます。 Proof of Researchは、重要な科学的研究にコンピューティング能力を提供しながら、ブロック報酬を受け取るための代替手段を提供します。

チーム

Anthony Khamsei
Anthony Khamsei
Founder
Harry Li
Harry Li
CFO
Luke Wegryn
Luke Wegryn
LEAD TECH CONSULTANT

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[