Presiam - 暗号の新方式で新しいソーシャルコミュニティアプリ

Presiam(prsm)は、友達フィード、prsm鉱業、仮想通貨財布、仮想通貨交換、出版社としての50/50広告収入などの機能を含む、暗号世界向けの新しいプライベートブロックチェーンソーシャルネットワーキングアプリです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PRSM
開始日時
2018-07-01
終了日時
2018-08-15
最低目標
6,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
1 PRSM = 0.09 USD
トークン供給数
600,000,000
公式サイトへ Owner of Presiam?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率65%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Presiam(PSRM)プロジェクトは、ユーザーを念頭に置いて、特にソーシャルネットワーキングの未来のために、まったく新しいブロックチェーンプラットフォーム上に構築されています。 Presiamから離れることに決めたら、あなたのデータを持っていくことができます。 質問はありません。 フィード全体をエクスポートファイルにダウンロードできます。これを選択すると、データは直ちに削除されます。 Presiamに戻ってきた場合は、フィードをアカウントにインポートすることができます。皆がか考え直すことがあります - あなたは戻ってきたいと思うかもしれません。

特徴:

  • フレンドフィード
  • PRSMウォレット
  • 仮想通貨交換
  • 広告収入シェア
  • ネットワーク紹介ボーナス
  • ブランド '報酬'の可能性(将来のプロモーション、ディスカウント、先行リリースなど)
  • PRSMマイニング
  • ライトニング高速取引

チーム

Tom Boyle
Tom Boyle
CEO & COFOUNDER
Zach Peterson
Zach Peterson
CIO & COFOUNDER
Michael Allen
Michael Allen
CTO & COFOUNDER
Jessica Abel
Jessica Abel
CMO & COFOUNDER

人気STO/ICO記事

  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
  • コイン相場アプリで仮想通貨をウォッチリストに追加する方法3つ

    コイン相場ユーザーの皆様、コイン相場のウォッチリストから仮想通貨を追加する方法が3つもあるということをご存知ですか?気になる仮想通貨をどういった方法で追加するかはユーザー様次第ですが、状況によって効率よく追加する方法を考え、追加を簡単にお試しください。コイン追加・削除(編集)の画面で編集していたけど、追加したい仮想通貨がある場合は以下のような手順で簡単に追加できます。<ins></ins>ウォッチリストを見ていた際に、追加したい仮想通貨がある場合は以下の手順が効率がいいですのでお試しください。<ins></ins>銘柄の名前を覚えていないが確かにあの取引所にあったな見たらすぐ思い出せると思った
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、