PlannerScape - 生産性と時間管理、経費節約のエンタープライズソフトウェア

PlannerScapeは、仕事の将来を人工知能、ブロックチェーン、およびクラウドコンピューティングを使用してより価値のあるよりバランスのとれたライフスタイルを実現する高度な分散型職場として再想像します。 ユーザーに忙しい生活のコントロールを取り戻し、報われると感じる力を与えます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PLAN
開始日時
2019-03-15
終了日時
2019-06-12
最高目標
4,800,000 USD
トークン供給数
644,000,000
公式サイトへ Owner of PlannerScape?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率46%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

PlannerScapeは仕事の未来です。人工知能(AI)、ブロックチェーン、そしてクラウドコンピューティングを利用して、より価値のあるよりバランスのとれたライフスタイルを実現する、洗練された分散型の職場と再考案しています。GPSナビゲーションと同様に、PlannerScapeは変化する状況に自動的かつ即座に応答して、仕事や私生活を通して最も効果的な方法を描きます。 PlannerScapeを使用すると、時間を最大化し、シェアリングエコノミーの利点を活用することで、より価値のあるライフスタイルとより安心な生活を楽しむことができます。    目まぐるしい世の中では、人々はますます彼らの仕事と私生活における複数の仕事とコミットメントに圧倒されています。集中力が欠けているプロジェクト、作業負荷が重すぎる、予定が不確かである、タスクが特別すぎる、目標が未定義であることは無力感とコントロールの欠如をもたらします。結果として生じるストレスの増加は、睡眠不足、目標を達成できないこと、および生産性の低下につながり、最終的には失業、不幸、自尊心の低下、および未達の可能性につながります。その結果、健康、社会生活、そして人間関係が損なわれます。 PlannerScapeは、人々が競争力を維持できるようにするための新しいテクノロジ、共同消費、および持続可能性を取り入れています。    ブロックチェーン、AI、クラウドコンピューティングなどの複数の洗練されたテクノロジを活用し、シェアリングエコノミーのメリットを統合することで、PlannerScapeは職場を分散化し、生活の面倒を取り除き、ユーザがよりやりがいのある生活をするのに役立つ高度なAI駆動の時間管理ソリューションを提供します。    PlannerScapeは、個人の固有の習慣や企業の商業的ニーズに合わせて調整され、日常の仕事やタスクをナビゲートするソリューションを提供します。 PlannerScapeはなにをやるか、いつをやるか、いつ委託するか、および最も重要なタスクに優先順位を付ける方法を指示します。生産性を最適化し、健康的なワークライフバランスを管理するために各ユーザーのライフスタイルを学習します。共同消費に侵入することで、シェアリングエコノミーのタスク、時間、知識、リソース、またはスキルを管理および共有できます。    ブロックチェーン技術の実装により、リアルタイムのリスクフリートランザクションが実現します。最も重要なことには、PlannerScapeはあなたの生産性を高め、あなたの時間の管理を取り戻すことができます。 PlannerScapeは、あなたの時間、仕事、目標、アイデア、予定を自動的に整理(そして必要に応じて再整理)することで、ストレスレベルを下げ、ワークライフバランスを大いに回復させます。目的地への道に沿って案内するGPS装置のように、PlannerScapeは仕事と人生の成功にあなたを導くためにあなたの限られた時間を最適化する方法で仕事、予定と目標を予定する時間管理のためのGPSです。生産性の向上と職場の分散化の結果として、PlannerScapeは成功を再定義し、AI、自動化、およびアウトソーシングによる脅威を効果的に軽減します。

チーム

Wouter van der Schagt
Wouter van der Schagt
Chief Executive Officer
Maarten Swemmer
Maarten Swemmer
Chief Technology Officer
Raymond Wong
Raymond Wong
Chief Financial Officer
Marco Ferreira
Marco Ferreira
Corporate Development Director

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[