Pibble - ブロックチェーンベースの収益化イメージエコシステム。

PIBBLEは、イメージクリエイターと消費者をまとめて収集し、消費し、楽しむ活動を補うブロックチェーンベースのプロジェクトです。 PIBBLEプロジェクトの「イメージ」には、写真やストック画像だけでなく、漫画、キャラクター、イラスト、グラフィック、芸能人(歌手、俳優など)の写真やビデオ動画などのすべての画像も含まれます。 私たちのトークンの最大のメリットは、私たちのサービスがすでに稼動しており、現時点で機能しているContentProなどの技術があることです。 また、誰でもPIBBLEエコシステムに画像コンテンツの作成者または消費者として参加することができます。 システムはグローバルネットワーク上に構築されているため、誰も時間やスペースの制限なしに画像を生成して使用することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PIB
開始日時
2018-04-04
終了日時
2018-04-23
最低目標
1,000 ETH
最高目標
45,000 ETH
初回価格
1 PIB = 0.000005 ETH
トークン供給数
9,000,000,000
公式サイトへ Owner of Pibble ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率30%
KYCKYC
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

PIBBLEプロジェクトは今まで多くのSNSサービスにあった不平等な報酬の生態系を変えていきます。

ソーシャルネットワークサービスを提供し、ユーザーの参加を促すエコシステムを提供します。

PIBBLEは2019年に韓国初のブロックチェーンを利用した実際のサービスを立ち上げます。

PIBBLEは現在、アルファテストを行い、SNSの基本機能である投稿(Posting)機能と補償システムおよびウォレットサービスの点検を進めています。

今回、新たに登場した慈善(Charity)機能に加えて簡単に商品を購入しすることができるコマース(Commerce)機能など、段階的に機能を拡張し、テストを進行中で、来年初め、ベータサービスを介して一般に公開される予定です。

チーム すべてを見る

TREASURE LEE
TREASURE LEE
Founder&CEO
Andrew DB Chae
Andrew DB Chae
CTO
Kevin Kang
Kevin Kang
Marketing&Contents Specialist
ANNA LEE
ANNA LEE
Tokenomics&Startegic Marketing
JAY H.KIM
JAY H.KIM
Blockchain Specialist for Token Logic Design.
AARON KIM
AARON KIM
Marketing Analysis Developer

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )