NOIA Network - インターネットをより効率的に

NOIAは、世界中にある家庭やデータセンターから利用可能な広範な帯域幅(およびストレージ)を活用するために設計された次世代のコンテンツスケーリングネットワークであり、インターネットのインフラストラクチャの広範囲に分散層を作り、 インターネットを介して配信します。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
NOIA
開始日時
2018-05-29
初回価格
1 NOIA = 0.08 USD
トークン供給数
450,000,000
公式サイトへ Owner of NOIA Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率45 %
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

NOIAは、次世代のコンテンツスケーリングネットワークで、ブロックチェイン技術を採用しています。 これは、世界中のコンピュータからの未使用の帯域幅とストレージを利用して、インターネットのインフラストラクチャの広く分散されレイヤーを作成し、インターネット上でデータがどのように配信されるかを劇的に改善します。

次世代ピアツーピア(P2P)ファイル共有プロトコル、人工知能(AI)およびブロックチェーン技術を適用することにより、NOIAは、世界中のローカルインターネットネットワークを介して、数十万のコンピュータをWebコンテンツのキャッシングおよび配信のためのPOP(point of presence)として使用することを可能にします。

すべての個人は、自分のパーソナルマシンでNOIAノードをセットアップし、帯域幅と未使用のストレージの寄与を報いることができます。

世界中のすべてのウェブサイトおよびアプリケーションは、NOIAネットワークを使用してコンテンツ配信を行い、費用のかなりの部分を削減し、より効率的なコンテンツ配信を実現できます。

チーム すべてを見る

Miao Zhicheng
Miao Zhicheng
NOIA architect, Blockchain developer
Domas Povilauskas
Domas Povilauskas
Co-founder, Business
Kipras Kazlauskas
Kipras Kazlauskas
Co-founder, Investments
Domantas Jaskunas
Domantas Jaskunas
Co-founder, Operations
Jonas Simanavicius
Jonas Simanavicius
CTO
Justinas Valutavicius
Justinas Valutavicius
Co-founder, Senior CSL developer

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常