Newton - コミュニティ経済のための基盤

ヒューマン・マシン・コミュニティは、スマート・コラボレーションとチェーン・ビジネスモデルを通じて、コミュニティー・エコノミーという新しいエコノミーモデルを構築する。ニュートンは、コミュニティー・エコノミーのインフラであり、そのテクニカルアーキテクチャはアプリーション層、プロトコル層および基本技術層を含み、コミュニティー・エコノミーのために全面的なガバナンス、コラボレーション、インセンティブなどへのサポートを提供する。これにより、ヒューマン・マシン・ノードは自己駆動、自動インセンティブといったすべての参加者が貢献・受益するビジネスモデルを形成する。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
NEW
調達金額
166.9356 BTC
最高目標
1,500 BTC
初回価格
0.0063 USD
トークン供給数
1,500,000,000
公式サイトへ Owner of Newton?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームNewton
タイプ不明
参加可能通貨BTC
供給率1.5%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    現在では、一般の組織形態は閉鎖的である。例えば株主や従業員などから構成されている株式会社において、会社とそのユーザ、クライアント、パートナーなどとの間に明らかな壁があり、各パーティー間は有効にコラボレーションすることが難しい。会社の発展過程において、株主および従業員を除く他の外部のパーティーも同等に重要な貢献者であるが、ビジネスルールの策定に効果的に参加できないことだけでなく、会社価値の増加によってもたらされる富の増大の恩恵も受けていない。産業革命以降、科学技術の進歩につれ、マシンは徐々に人間の手足や脳の一部の機能を取って代わったことによって、人間の生活は大きく改善されたにも関わらず、人間によるマシンの使用方法、および両者の関係はまだ初期の段階にとどまっている。

    ブロックチェーンは、権威のある仲介者が存在しなくても、フリー&オープン化のピアツーピア方式で自動的に信用を生成する。この与信システムの下で、ビット世界はアトミックの属性を持つようになり、財産権と希少性を確立し、データを富に変えると同時に、IoT や人工知能などの技術を組み合わせて、人と人、マシンとマシン、人とマシンの間に信頼関係、コラボレーション関係およびインセンティブを構築することによって、全ての人とマシンをノードとしてつながるヒューマン・マシン・コミュニティーを形成することができる。ノードの信用度、トークン、人力およびハッシュレートを総合的に評価することにより、ノードの NewForce(ニューフォース)を測定システムとして計算することができる。秩序あるガバナンスの前提の下で、投票メカニズムによってスーパーノードを選出し、ヒューマン・マシン共同体を最適化することができる。

    チーム すべてを見る

    Han Feng
    Han Feng
    Co-founder of Elastos
    Li Songbo
    Li Songbo
    Former CTO of Sina (NASDAQ: SINA), Partner of DFJ Venture Capital
    Hu Dinghe
    Hu Dinghe
    Chairman of Elastos ecosystem board, Former President of Chongqing Lifan
    Gu Xueyong
    Gu Xueyong
    Professor at Tsinghua University, Director of International Relations at iCenter
    Lee Willson
    Lee Willson
    Bitcoin Ambassador
    Theodore Gray
    Theodore Gray
    Co-Founder of Wolfram Research

    人気STO/ICO記事

    • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

      グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
    • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

      の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
    • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

      ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )