LUCRE - 仮想通貨のためのアルゴリズム取引プラットフォームとシグナルサービス

LUCREは仮想通貨を保有する戦略を上回るように作成された仮想通貨のための排他的な自動取引システム&シグナルサービスです。これは8年のアルゴリズム取引経験を持つチームによって開発されました。最近、富を増やす最善の方法は仮想通貨の保持ではありませんでした。 LUCREアルゴリズムは、哲学の上に構築されました - 保有しないで、取引しよう!長期的かつ短期的に双方向の取引を可能にします。このプロジェクトの大きな魅力は、すべての市場状況で収入を生み出し、あらゆる知覚した機会に売買します。市場が下がっても、アルゴリズムは空売りで、利益を得ることを試みる。 Lucre Trading Algoは、Metatraderの取引プラットフォーム上で動作します。トークンセールス参加者はAlgoのパフォーマンスを追跡するLCRトークンを取得します。 Algoによって取引される暗号資産の価値を正確に反映するために、価格は定期的に更新されます。参加者は、LCRトークンを上場する取引所で取引することができます。 LCRトークンは、事前販売およびトークン販売メインイベント中にのみ販売されます。トークンは販売イベントの後には作成されません。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LCR
開始日時
2018-10-15
終了日時
2019-02-28
最低目標
1,600,000 USD
最高目標
7,000,000 USD
初回価格
1 LCR = 1 USD
トークン供給数
10,000,000
公式サイトへ Owner of LUCRE?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率80%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域USA, Canada, Nevis
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-Sale - 30% Bonus
  • Main Sale Stage 1 - 20% Bonus
  • Main Sale Stage 2 - 15% Bonus
  • Main Sale Stage 3 - 10% Bonus
  • Main Sale Stage 4 - 0% Bonus

概要

LUCREトークンの価値は、推測に基づくものではなく、実際の資金によるアルゴリズム仮想通貨取引のパフォーマンスによって裏付けられた製品メリットと純資産価値です。 LUCREのユーティリティトークンはLCRと呼ばれます。それはいつでも取引することができ、所有分は完全に透明です。

LUCRE取引システムは、アルゴリズム取引の経験が8年のチームによって開発されています。取引戦略は、複雑な定量モデルとアルゴリズムを利用します。

LCRはトークン販売イベント中に最初に取得できるユーティリティトークンであり、これは1回限りのクローズドキャップ提供です。トータルクラウドセールの40%がトレーディングプールに割り当てられ、次にトークン販売参加者に比例して授与されます。アルゴリズムによって生成された利益の75%がトークン販売参加者に配布されます。トレーディングプールに損失が生じる間、参加者は補償を受けません。利益は、参加者のウォレットにETHの四半期料金として支払われます。残りの25%はトレーディングプールに再投資され、ファンド資本が増加し、その結果生じる次の利益が増加します。

LCRトークンは、プレミアムメンバーシップと制限付きアクセスパスを提供します。これらのトークンを取得すると、いくつかのオプションを組み合わせて収益を得ることができます。

LCRは、イーサリアムブロックチェーンに基づくERC20トークンです。ブロックチェーン上での操作は、グローバルなアクセシビリティ、24時間365日の取引、透明性、LUCREの取引パフォーマンスの一般的な検証を可能にします。トークンの価値は、基礎となる仮想通貨取引のパフォーマンスに直接結びついています。

公開トークン販売イベントは、2018年10月15日から12月11日まで開催されます。LUCREは、2019年第2四半期から仮想通貨を取引するためにトークン販売資金を使用し、2019年第2四半期に取引所に上場される予定です。

最低募金額は2百万ドルであり、達成されなければ、すべての資金が返還されます。

チーム すべてを見る

Manu Khullar
Manu Khullar
Director Innovation, & Solution Acceleration
Bogdan Fiedur
Bogdan Fiedur
ICO Advisor, ICO Bench Expert
Sidney Ifergan
Sidney Ifergan
Crypto & ICO
Dmitry Pshenin
Dmitry Pshenin
Founder ICOBoard
Gabriele Barnasconi
Gabriele Barnasconi
Co-Founder at Genuino Blockchain Lab
Mike Snyder
Mike Snyder
Co-Founder BitcoinATM 360

人気STO/ICO記事

  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本