Luckchemy - 公平なオンラインギャンブルプラットフォーム

Luckchemyは、オフチェーン暗号とブロックチェーン技術のユニークな組み合わせによって推進されるスケーラブルかつ公平なオンラインギャンブルプラットフォームです。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LUK
開始日時
2018-04-30
終了日時
2018-05-21
最低目標
2,000 ETH
最高目標
45,360 ETH
初回価格
1 LUK = 0.00008 ETH
トークン供給数
700,000,000
公式サイトへ Owner of Luckchemy?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70 %
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Private Sale: April 2 - April 24, 2018 - Set individually
  • Pre Sale: April 30 - May 21, 2018 - 40%
  • Public Sale: May 22 - Jul 20, 2018 - 20%-w/o discount

概要

Luckchemyは、ブロックチェーン技術とオフチェーン暗号のユニークな組み合わせによって推進されるスケーラブルかつ公平なオンラインギャンブルプラットフォームです。 当社のプラットフォームは、当初の製品としての宝くじと実例を用いて、カジノ製品のフルスイート向けのターンキーソリューションを提供する予定です。 Luckchemyはプラットフォーム上で製品を開発して公開しますが、第三者のコンテンツプロバイダを含む多くの企業とのやりとりを予期するように設計されています。

Luckchemyは、絶対的に必要な場合にのみ、ブロックチェーンの相互作用を使用するという厳しい規律を維持しています。 私たちは、スケーラビリティとユーザーエクスペリエンスを最大限にするために、オフチェーン暗号化やブロックチェーンを最小限に抑えた他のテクノロジを通じて、公平性を維持します。 長期的には、プラットフォームの全体的な廃止による影響を最小限に抑えるために、ローカルホスティングと複数のデータセンターを使用して、当社のプラットフォームを分散型モデルに移行する予定です。

チーム すべてを見る

Adam Krejcik
Adam Krejcik
Advisor
Alex Tatarchuk
Alex Tatarchuk
Co-founder and CEO
Alex Topchienko
Alex Topchienko
Co-founder and COO
Mark Beck
Mark Beck
Chief Marketing Officer
Sergey Shkut
Sergey Shkut
Head of Product
Sergey Riva
Sergey Riva
CTO

人気ICO記事

  • Zaifさん、BitFlyer大丈夫か?おい

    もうね、ここで文章書き始めてからずーっとアンチBTC、アンチ仮想通貨なん?ぐらい下がる下がるいうてるやん・・・もう逆に俺のアンチ軍団が出来そうで嫌やわ・・・ただ、1人でもこの記事を読んで買ったり売ったりする人がいるのなら願望だけで記事を書くのはやっぱりあかんでしょう・・・。そう思って心を鬼にして書いてるんですわ。噂が本当かどうかは別として、気になるところはその内容が具体的。。。早ければ週明け11日にも業務〇〇命令がくだるとか・・・。が俺の感想。あんなチャート見たら俺はよう使わん。まぁ、金融庁からそんな命令が出るかどうかはしったこっちゃないけど、Zaifさんはいままでやらかしすぎやわ。
  • COIN JINJAさんに道場破りしに来た

    こんにちは。COIN JINJAさんに魂を売った男、アリスマン改め「神社マン」です。よろしくお願いします。先日の日も落ちた頃、Twitter内にてCOIN JINJAさんに挑戦状を叩きつけられ、「ALIS非公式マスコットとして黙っていられない!」と即日キーボードを叩いております。普段はALISにて毎日記事を投稿しながら、このプロジェクトを広めるために、スタンプ作成や企画の考案、まぁ主には賑やかしとして日々活動しています。どうか最後までご覧いただけると幸いです。以前からCOIN JINJAさんの記事は時々拝見しておりました。その中で目に飛び込んで来たタイトル。「AL●Sで書くならCOIN JIN
  • まだガラパゴス島で消耗してるの?

    はい笑 皆様、こんにちは。ペペカルトです。え?タイトルが何か・・・って? まあ、ええやんwでも、 だと思います。一時期、日本は仮想通貨関係の法律ができたり、参加者が多かったりして、みたいなことが言われていました。ぶっちゃけ最近どうよw?税制にしろ、規制にしろ、してる感が否めません。 いや、はっきり言います。です。さらに、我々日本人は当然ですが、日本語を使います、何らかの情報を追うにしても、日本語で書かれていたほうが理解しやすいです。しかしながら、実は、仮想通貨やICOの情報を集めたりする際に、日本語で書かれた記事だけを読んでいると、もちろん、しかし、日本語よりも英語で書かれた