LAPO Blockchain - 分散化された財政再建

LAPO Blockchainは革新的な財務プラットフォームを構築し、人工知能を利用した安全な分散型取引所と統合された人間中心の決済ソリューションを企業、トレーダー、消費者に提供します。この技術により、革新的で統合されたブロックチェーンと金融サービスソリューションを通じて、取引費用やビジネスの複雑さを軽減し、人々のアクセスと使いやすさを向上させることが可能になります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LAX
開始日時
2018-05-01
終了日時
2018-06-01
最低目標
40,000 USD
最高目標
50,000,000 USD
初回価格
1 LAX = 0.025 USD
トークン供給数
3,000,000,000
公式サイトへ Owner of LAPO Blockchain ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームLAPO Own Blockchain
タイプLAPO Blockchain
参加可能通貨ETH, BTC
供給率30%
KYCKYC
参加不可地域USA
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Week 1 - 30% Bonus
  • Week 2 - 20% Bonus
  • Week 3 - 10% Bonus

概要

問題

仮想通貨の世界はますます拡大しており、日々多くの企業がブロックチェーン技術の新しいアプリケーションを模索しています。

人々はICOにますます投資していますが、従来の金融界とは統合されていません。

ビジネス界には、オンラインまたはオフラインの仮想通貨支払いを可能にするため多くのサービスがありますが、使い方は簡単ではありません。

彼らは高いレベルのセキュリティや資産の安定性を提供せず、顧客サポートのレベルも低く、米国ドル、スイスフラン、またはその他の平等な資産への自動交換を簡単で迅速かつ自動でサポートしていません。

LAPO BLOCKCHAINの解決策

LAPO Blockchainは仮想通貨と伝統的な金融界との間の安定した信頼できる橋を構築します。

LAPOCoinはLAPO ePlatformと呼ばれるLAPOエコシステムが中核となっています。

ePlatformには、人間中心のシンプルで効果的なマルチ通貨ウォレット、複数の仮想通貨での支払い処理、高速プライベート取引、リアルタイム分散型取引(ウォレットからウォレットへ)、トークン化機能を使用したスマートコントラクト機能、LAPO銀行は完全な生態系を形成されています。

特長

LAPO Coinは現実世界のアプリケーションのために作られた仮想通貨です。

・人間中心主義とプライバシー重視

・軽量なブロックチェーンサイズ

・高速トランザクション時間、わずか2〜5秒

・アトミックスワップ

・スーパーブロック宝くじ報酬

・スプーフィング、フィッシング、タイピングのエラーを避けるためのエイリアスシステム

・最高のユーザーエクスペリエンス(UX)のための多言語と専門的に設計されたウォレット

・近距離通信(NFC)を使用して資金送金と支払いを行います。

LAPO ePlatform(エコシステム)が広く受け入れられるよう支援します

・LAPOトレーディングプラットフォーム(LTP):AltCoins、LAPOトークン、LAXを取引する分散型取引所。プラットフォームはLAXをすぐにFIAT値または他のAltCoinに変換できます。

・マーチャントポータル:ビジネスインテリジェンス機能とレポート機能を備えたビジネス指向/拡張可能ウォレット。

・LAPO eGateway(LEG):オンラインショップ、アプリなどで支払いを統合するAPIが使いやすい。

・LAPOセールスポイント(LSP):あなたの携帯電話、コンピュータ、またはタブレットAPPを使用してLAPOを直接あなたのお店やビジネスのどこにでも受け入れることができます。

・LAPOダイレクトマーケティング(LDM):マーチャントポータルを使用してLAPO財布保有者に直接プッシュするカスタマイズされたプロモーションを作成する機能をビジネスに提供します。

・LAPO支払い保護(LPP):顧客を詐欺、詐欺、盗難から保護する。

・LAPO安定性ファンド:LAXの人為的価格変動からコインを保護するために使用される。

・LAPO財団:使命は、世界中の子供のための教育のデジタル化を支援するためのリソースを生成し、配布することです。

チーム すべてを見る

Luiis Franceschi
Luiis Franceschi
Founder & CEO
Petros Tsiros
Petros Tsiros
COO
Christian Albera
Christian Albera
CTO & Co-Founder
Mariyam Seguias Alì
Mariyam Seguias Alì
CMO
Tayo Akintoye
Tayo Akintoye
Co-Founder / Community Manager
Maryam Mehr
Maryam Mehr
Business Development Specialist

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株