Krypton Galaxy - ブロックチェーンゲームエコレベル入り口 しきい値ゼロ、超楽しい、クロスチェーンサポート

Kryptonは、ブロックチェーンゲームエコシステムへの世界初のゲートウェイを構築することを目指しています。 他のゲームやコンテンツ配信プロジェクトとは異なり、Krypton氏は、完全なブロックチェーンゲームエコシステムには、プレーヤー(ネイティブブロックチェーンユーザーと従来のゲーム移行型プレーヤーの両方)、開発者、コンテンツおよびコミュニティの制作と配布を含める必要があると考えています。 これらの必要な要素の共同の努力によってのみ、生態系全体が好循環に入り、急速にそして健康に発展することができます。 したがって、ブロックチェーンのゲームエコシステムへのKryptonのゲートウェイは、ユーザーの入り口、コンテンツゲートウェイ、パブリックチェーンコミュニティゲートウェイ、およびプロモーションポータルの4つの部分で構成されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
KGC
開始日時
2019-07-31
終了日時
2019-08-01
最低目標
1,500,000 usdt
最高目標
1,500,000 usdt
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Krypton Galaxy?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, USD
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • IEO - 0.00333USDT

概要

Kryptonは、ブロックチェーンのゲームエコシステムへの最初のゲートウェイを作成することを目指しています。 Kryptonは、伝統的な開発者やプレイヤーへの参入障壁を軽減し、ブロックチェーンゲームシステムに対する包括的なソリューションを提供し、独自の流通システムとパブリックチェーンプランを通じて、伝統的なゲームプレイヤーと既存のブロックチェーンユーザーの両方を迅速に獲得できます。

Kryptonは着実に進歩しており、現在世界中で140万人以上のユーザーがいます。 20種の言語でiOSとAndroidの両方をサポートしています。 さらに、プレーヤー、開発者、ブロックチェーンコミュニティ、およびディストリビュータへのゲートウェイも作成しました。 Kryptonは大規模な発生の前夜にあります。

チーム

Tom Guo
Tom Guo
Master of Computer Science, Harbin Institute of Technology
Mike Lee
Mike Lee
Tsinghua University Basic Science Bachelor
Cakra Gai
Cakra Gai
Tsinghua University, Department of Biology

人気STO/ICO記事

  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、