kiwidefi - KIWI DEFIは、可能性に満ちたプロジェクトとして浮上しており、画期的な成長を期待しています。

KIWI DEFIは、一般的なDefiプロトコルとのユーザーの対話を簡素化し、仮想通貨の実際の年利率(APY)を最大化することを目的としたTRONベースのプロトコルエコシステムです。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
unknown
開始日時
2021-04-05
終了日時
2021-04-09
初回価格
1 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of kiwidefi?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームOTHERS
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, NEO, USD
供給率不明
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

KIWI DEFIとは?

Kiwi Defi(KWD)は、潜在的なプロジェクトとして浮上しており、画期的な成長を約束します。イーサリアムと同様に機能するプロトコルにより、投資家は詐欺や偽造の恐れなく簡単にデジタル資産を交換することができます。

分散型金融市場(Defi)の概要

Decentralized Finance (Defi)とは、金融アプリケーションがブロックチェーン技術によって規制なしに運営されることを意味する言葉です。

Defiは、ブロックチェーンの分散性と透明性の力を利用して、オープンファイナンスを実現します。そこでは、人々のアクセスや利用を中間業者が妨害することはできません。

ブロックチェーンはオープンソースです。そのため、ブロックチェーン上にDefiのアプリケーションを構築、運用、開発することが比較的容易です。

Kiwi Defiにおけるスマートコントラクトのハイライト

スマートコントラクトでは、ビザンチン式のフォールトトレランスアルゴリズムを採用しています。これにより、取引されたすべての情報が簡単に改ざんされたり、交換されたり、不正に利用されたりしないように保護することができます。スマートコントラクトが有効化された後は、編集ができません。

ブロックチェーン上のスマートコントラクトは、任意の状態で保存することができます。お客様は、取引を通じてスマートコントラクトと対話します。これらのトランザクションは、ステータスの変更や、あるスマートコントラクトから別のスマートコントラクトへの送金、またはあるアカウントから別のアカウントへの送金をもたらします。

ワーキングプラットフォーム

Kiwi DefiはTRONプロトコルをベースにした分散型のプロトコルです。

KIWI DEFIはどのようなエコシステムですか?

Kiwi Defiには、以下のような多様で使いやすいエコシステムがあります。

Kiwi Swap

目標は、より低い手数料と2000トランザクション/秒(TPS)以上の取引速度で金融取引を促進することです。これにより、Kiwi Swapの金融サービスがスマートコントラクトでスムーズに行われるようになっています。投資家は、自分のキャッシュフローがここで循環していると安心できます。

Kiwi Swapは他にも多くの最適化された機能を立ち上げる予定ですが、やはり取引所のセキュリティを高めることが前提となっています。

一方で、Kiwi Swapは、Kiwi Swapのワークノードを使用することで、完全に分散化されています。

Kiwi Staking

Kiwi Stakingは、暗号通貨投資家が識別可能なPoSデジタル資産を賭けられるように、賭けの提出プロセスの技術的側面を第三者サービスが引き受ける賭けサービスプラットフォームです。

このプラットフォームは、TRONブロックチェーンの固定資産を賭ける機能をユーザーに提供します。賭け金のコストは、取引の価値に応じて決まります。

参加者がネットワークの固有資産に貢献して合意に達することを必要とするPoS(Proof-of-Stake)コンセンサスメカニズムを通じて、技術的資産を「ステーク」する方法。 受け取る報酬は、提供されたランダムな組み合わせとベットのサイズによって計算されます

Kiwiの流動性

流動性不足に悩むグループが発生した場合に、エコシステムがバランスよく持続するため。一方、融資は自動アルゴリズムを用いたJUST、Zethyr FinanceなどのTRONのDefiの融資プロトコルを通じて、自動的に分配され、速やかにグループに送金されます。

流動性不足に苦しむグループが発生した場合に、エコシステムがバランスよく持続するため。一方、ローンは自動アルゴリズムを用いたZethyr Finance, JUSTなどのTRONのDefiのレンディングプロトコルにより、自動的に分配され、速やかにグループに送金されます。

Kiwi Leverage:

信用取引は、ユーザーが資産価値を高めるのを助けるものです。

例えば、投資家が5BTCの残高口座を持っていて、10:1の取引を行うことで50BTCの価値を受け取ることができます。

Kiwi Farming:

Kiwi Farming は、投資家が電子資産をロックインすることで、より多くの報酬を自らの手でファームすることを目的としています。報酬は、基本的なDefiプラットフォームから発生する手数料やその他のソースから得ることができます。

Kiwiでの報酬配分方針は、Kiwi Farming Policyに準じたものとなります。

Kiwi Fund:

KWDトークンの価値から利益を生み出すことを使命とするベンチャーキャピタルファンドKiwi Fund。

Kiwi Fund に投資した投資家は、それに応じた利益を得ることができます。

チーム

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である