King Slayer - ブロックチェイン・エコノミーのモバイルMMORPGゲーム

キング・スレイヤーはETHブロックチェーンを基にしたモバイルのMMORPGゲーム中のマイニング、スマート契約を基本した戦いとよく考えられたストーリーラインは数百万人のユーザーを引き付けます!

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
KGS
開始日時
2018-10-20
終了日時
2019-01-10
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
1 KGS = 0.1 USD
トークン供給数
26,930,000
公式サイトへ Owner of King Slayer?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETH
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率54%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ゲーム業界は、起端以来、進歩のエンジンです。 ゲームのおかげで、デバイスの技術的特徴と新技術の心理的知覚の両方が絶えず増加しています。 KingSlayerは、幅広いユーザーにサービスを提供するパイオニアです。 これは世界初のモバイルMMRPGゲームで、徐々に未来の世界にゲーマーを浸漬させます。 ゲームでのマイニング、スマートコントラクトや他の経済的インセンティブと結びついた戦いは、ブロックチェーン経済における人々の相互関係をはっきりと示します。 KingSlayerでは、支払うだけでなく、遊ぶだけでお金を稼ぐことができます。

チーム

Wang Lei
Wang Lei
Chief Executive Officer
Li Baoqing
Li Baoqing
Chief Operating Officer
Huo Dongxu
Huo Dongxu
Chief Technology Officer
Kong Xiangjun
Kong Xiangjun
Head of Marketing
Ma Xiaohui
Ma Xiaohui
PR Manager
Jason Hung
Jason Hung
ICO advisor

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[