IXTUS - インタラクティブなエデュテインメントプラットフォーム

このエデュテインメントプロジェクトは、子供の興味、好奇心、知識に対する彼らの自然な探求を奨励するように設計されています。 質問ベースの学習、探求、調査、発見、活発な探検の経験につながります。 Little Detectiveは3年以上かけて開発に3百万ドルを費やしました。 3歳から8歳の子供を対象としたカリキュラムは、プロセス指向で経験豊富な子どもたちの学習体験を促進するために計画されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
IXE
開始日時
2018-07-16
終了日時
2018-09-02
最低目標
5,000 ETH
最高目標
70,000 ETH
初回価格
0.0002 ETH
トークン供給数
660,000,000
公式サイトへ Owner of IXTUS?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • ICO Week 1: - 30%

概要

私たちは就学前の子供たちが世界を観察し、探索し、発見するのを楽しむことを望みます。思考や生涯学習者を育成するためには、子供を考えさせ、早期から学ぶ必要があります。

技術的進歩は、魅力的な機能を通して学習者を巻き込むために長年進化してきた教育プラットフォームを創造する際の斬新な景色を開いてきました。「Little Detective」は、ユニークな販売計画で、他のマルチメディア教育フォーマットを遜色させるインタラクティブなエデュテインメントのコンセプトです。

特別にデザインしたカリキュラムは、シンガポール教育省が開発した幼稚園カリキュラムフレームワークに準拠しています。子供たちが技術主導の社会で重要なスタートを切り出す以外に、このプラットフォームは、子供たちがインタラクティブな性質によってモータースピーチスキルを発達させるよう動機づけます。カリキュラムは、独創的な思考処理と意思決定を促すために、差別化課題で脳全体を動かすように設計されています。活動の複雑さの増大は、子供たちに次のレベルのために努力し、彼らの可能性を最大にするよう動機づけます。

役割モデリングを通じて、「Little Detective」の主人公Timは、子供たちが自己管理し、若い時代からの学習に対する積極的な態度を育てるのを手助けします。キャラクターの相互作用はまた、子供たちがコミュニケーション能力や社会的スキルを磨くことを促します。子供たちが製品を通じて基本的な識字能力と計算能力を強化するにつれ、彼らの自信が芽生え、新しいことを学び、より多くの知識を得ることを熱望します。

チーム

Mr. Alan Bek
Mr. Alan Bek
Chief Executive Officer
Thomas Tan
Thomas Tan
Media Marketing
Dennis Tan
Dennis Tan
Business Development

人気STO/ICO記事

  • 韓国の仮想通貨取引所Coinzest1か月間出金不可

    仮想通貨取引所Coinzestが1か月以上、KRWや主な仮想通貨の出金を中止しており、同取引所を利用している投資家の不安が高まっている。Coinzestは中国系のマイニング取引所FCoinが大きく成長していたごろ、韓国で初めてトレードマイニング概念を取り入れ、一時期は韓国の大手取引所Bithumbの出来高を超えるぐらいに大きく成長した取引所だ。同取引所は出金不可について「グロバール取引所をオープンするために、既存のシステムを連動するプロセスで投資家を保護するための措置だ」と解明している。しかし、予定していた日程が伸びている状況だ。19日、業界関係者によるとCoinzestは8月からKRW/ET
  • 全米第三位の銀行ウェルズ・ファーゴが2020年ステーブルコイン発行予定

    17日、BITCOINISTの報道によると、全米第三位の銀行であるウェルズ・ファーゴが新しい送金プラットフォームに仮想通貨で用いられるDLT(Distributed Ledger Techonology:分散型台帳技術)を基盤に決済ネットワークを作っていく事を明らかにした。決済は「Wells Fargo Digital Cash」と呼ばれる専用のプラットフォームと仮想通貨で行われる。この仮想通貨は米ドルの価値と連動させたステーブルコインでまずは銀行の内部決算で使われる予定だ。同銀行の革新事業部、責任者のLisa Frazierは「分散型台帳技術の利用事例が増加していくにつれて、我々もこの技術を
  • Bakktを名乗るフィッシングブログが登場・・注意必要

    米国の金融メディアによると、最近Bakktがビットコイン先物取引をリリースしたばかりだがこの事実を利用し、投資家から仮想通貨を盗み取る詐欺事件が発生している。最近、ベルギー・モルタ島などの規制当局はBakktを名乗るMediumブログ「https://bakktlaunch.com」を摘発、投資家たちに注意を呼び掛けた。同ウェブサイトはBTC、ETHを送金すると送金額の5倍・10倍の仮想通貨を配ると投資家たちをだましている。具体的な被害額はまだ、知られていないがこういった「フィッシングサイト」には注意が必要だ。※参照元はで確認できます。<ins></ins>どの取引所を使えばいいのか、手数料