IXTUS - インタラクティブなエデュテインメントプラットフォーム

このエデュテインメントプロジェクトは、子供の興味、好奇心、知識に対する彼らの自然な探求を奨励するように設計されています。 質問ベースの学習、探求、調査、発見、活発な探検の経験につながります。 Little Detectiveは3年以上かけて開発に3百万ドルを費やしました。 3歳から8歳の子供を対象としたカリキュラムは、プロセス指向で経験豊富な子どもたちの学習体験を促進するために計画されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
IXE
開始日時
2018-07-16
終了日時
2018-09-02
最低目標
5,000 ETH
最高目標
70,000 ETH
初回価格
0.0002 ETH
トークン供給数
660,000,000
公式サイトへ Owner of IXTUS?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • ICO Week 1: - 30%

概要

私たちは就学前の子供たちが世界を観察し、探索し、発見するのを楽しむことを望みます。思考や生涯学習者を育成するためには、子供を考えさせ、早期から学ぶ必要があります。

技術的進歩は、魅力的な機能を通して学習者を巻き込むために長年進化してきた教育プラットフォームを創造する際の斬新な景色を開いてきました。「Little Detective」は、ユニークな販売計画で、他のマルチメディア教育フォーマットを遜色させるインタラクティブなエデュテインメントのコンセプトです。

特別にデザインしたカリキュラムは、シンガポール教育省が開発した幼稚園カリキュラムフレームワークに準拠しています。子供たちが技術主導の社会で重要なスタートを切り出す以外に、このプラットフォームは、子供たちがインタラクティブな性質によってモータースピーチスキルを発達させるよう動機づけます。カリキュラムは、独創的な思考処理と意思決定を促すために、差別化課題で脳全体を動かすように設計されています。活動の複雑さの増大は、子供たちに次のレベルのために努力し、彼らの可能性を最大にするよう動機づけます。

役割モデリングを通じて、「Little Detective」の主人公Timは、子供たちが自己管理し、若い時代からの学習に対する積極的な態度を育てるのを手助けします。キャラクターの相互作用はまた、子供たちがコミュニケーション能力や社会的スキルを磨くことを促します。子供たちが製品を通じて基本的な識字能力と計算能力を強化するにつれ、彼らの自信が芽生え、新しいことを学び、より多くの知識を得ることを熱望します。

チーム

Mr. Alan Bek
Mr. Alan Bek
Chief Executive Officer
Thomas Tan
Thomas Tan
Media Marketing
Dennis Tan
Dennis Tan
Business Development

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[