InnovaMinex - ブロックチェーンによる貴金属の鉱山

InnovaMinexはブロックチェーン技術を使用して、貴金属のトレーサビリティ 。一連の手順を適用することにより、プロセス全体を認証する 鉱山の起源から製油所、最終消費者への商品化に至るまで、この商業化は、当社のeコマー ス、パートナー店舗、独自のATMを介して行われます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
INХ
開始日時
2018-11-26
終了日時
2019-01-26
最低目標
10,000,000 USD
最高目標
52,500,000 USD
初回価格
0.5000 USD
トークン供給数
210,000,000
公式サイトへ Owner of InnovaMinex?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームOwn
タイプOwn
参加可能通貨BTC, BCH, ETH, LTC, DASH, ETC, USDT, XRP
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Phase 1 - 30%
  • Phase 2 - 24%
  • Phase 3 - 16%
  • Phase 4 - 10%

概要

ブロックチェーン技術を使用して貴金属のトレーサビリティを保証する革新的なビジネスモデルです。一連の手順を適用することで、鉱山の起源から製油所、最終消費者への商業化までのプロセス全体を認証することができます。この商業化は、当社の e コマース、パートナー店舗、独自の ATM を介して行われます。

これにより、購入者は、取得した金属の起源を確認し、抽出が合法であること、環境が常に保護されていること、マネーロンダリングに使用できないことを保証することができます。コミュニティはそれらにアクセスできます。

私たちの最終的な目標は、取引の透明性と安全性に重点を置いて、私たちのクライアントとコミュニティの両方に最高の価格を手に入れる暗号通貨 INX によって、金やその他の貴金属をすべての人々がアクセスしやすくすることです

チーム すべてを見る

Fernando García Sanz
Fernando García Sanz
CEO (Chief Executive Officer)
Rafael Enríquez
Rafael Enríquez
CINO (Chief Innovation Officer)
Paco De Benito
Paco De Benito
CCO (Chief Communication Officer)
Paco Montero
Paco Montero
CSO (Chief Strategic Officer)
Julio Pérez-Tomé
Julio Pérez-Tomé
CMO (Marketing Officer)
Ignacio Naveilhan
Ignacio Naveilhan
Full-Stack Developer

人気STO/ICO記事

  • ドナルド・トランプ、仮想通貨は信頼できない

    米、大統領ドナルド・トランプは12日(現地時間)ツイッターを通じ、「私はビットコインや他の仮想通貨の支持者ではない。お金でもなく、その価値はとても不安定だ。規制されていない暗号資産は麻薬取引やその他違法行為を促進するような性質がある」と発言した。<ins></ins>また、「FacebookのLibraという“デジタル通貨”についても信頼性は無い。Facebookやほかの企業が新しい銀行になりたいのであれば、他の銀行のように、国内外の既存の銀行規制に従わなければならない。」と加えた。<ins></ins>最後に、「アメリカは唯一無二の通貨を持っている。それは他より強力で信用があり頼る事が出来る
  • ステーキングサービス「Sanka Network」 by HashHub

     HashHubが運営するPoSの保有報酬を受け取る手続きをするためのプラットフォームです。Sanka Netowrkはユーザーの資産を預かることはせず、ユーザーは自身のウォレットで資産を管理しながら報酬を得られます。今後、コイン相場アプリ内にも各通貨のウォレットを実装、Sanka Networkへ簡単に使える、モバイルクライアントとなる予定です。cosmosvaloper1uyt0yuv7cz7ppwefl9ths336ln7ysvg2jlj76t tz1PYF2Fcqk7YjZGquNy8bFznhCLhyi9PpVzsanka
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・