InnovaMinex - ブロックチェーンによる貴金属の鉱山

InnovaMinexはブロックチェーン技術を使用して、貴金属のトレーサビリティ 。一連の手順を適用することにより、プロセス全体を認証する 鉱山の起源から製油所、最終消費者への商品化に至るまで、この商業化は、当社のeコマー ス、パートナー店舗、独自のATMを介して行われます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
INХ
開始日時
2018-11-26
終了日時
2019-01-26
最低目標
10,000,000 USD
最高目標
52,500,000 USD
初回価格
0.5000 USD
トークン供給数
210,000,000
公式サイトへ Owner of InnovaMinex?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームOwn
タイプOwn
参加可能通貨BTC, BCH, ETH, LTC, DASH, ETC, USDT, XRP
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Phase 1 - 30%
  • Phase 2 - 24%
  • Phase 3 - 16%
  • Phase 4 - 10%

概要

ブロックチェーン技術を使用して貴金属のトレーサビリティを保証する革新的なビジネスモデルです。一連の手順を適用することで、鉱山の起源から製油所、最終消費者への商業化までのプロセス全体を認証することができます。この商業化は、当社の e コマース、パートナー店舗、独自の ATM を介して行われます。

これにより、購入者は、取得した金属の起源を確認し、抽出が合法であること、環境が常に保護されていること、マネーロンダリングに使用できないことを保証することができます。コミュニティはそれらにアクセスできます。

私たちの最終的な目標は、取引の透明性と安全性に重点を置いて、私たちのクライアントとコミュニティの両方に最高の価格を手に入れる暗号通貨 INX によって、金やその他の貴金属をすべての人々がアクセスしやすくすることです

チーム すべてを見る

Fernando García Sanz
Fernando García Sanz
CEO (Chief Executive Officer)
Rafael Enríquez
Rafael Enríquez
CINO (Chief Innovation Officer)
Paco De Benito
Paco De Benito
CCO (Chief Communication Officer)
Paco Montero
Paco Montero
CSO (Chief Strategic Officer)
Julio Pérez-Tomé
Julio Pérez-Tomé
CMO (Marketing Officer)
Ignacio Naveilhan
Ignacio Naveilhan
Full-Stack Developer

人気STO/ICO記事

  • みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

    日本経済新聞の報道によると、みずほ銀行は9月4日、決済・送金サービス「J-Coin Pay」(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。27日に加盟店データが不正アクセスしたものにより、削除され代わりに仮想通貨のビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとのこと。みずほ銀行は、加盟店の情報が流出した可能性があるが、ユーザー情報などに影響はないと説明した。<ins></ins> Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数