idap.io - 仮想資産市場の変革

最も多様で包括的なトレーディング&投資ソリューションを提供する暗号資産のための最初の完全なデリバティブエコシステム。

ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
IDAP
開始日時
2019-02-15
終了日時
2019-05-15
最低目標
200,000,000 IDAP
最高目標
650,000,000 IDAP
初回価格
1 IDAP = 0.03 USD
トークン供給数
650,000,000
公式サイトへ Owner of idap.io?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC
供給率75%
KYCKYC
参加不可地域USA
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

なぜidap.ioを選ぶの?

  • 当社の製品オファーを使用してポートフォリオをヘッジし、推測し、多様化する
  • 独占的な「Point-and-Click」ラダーベースの取引インタフェースで迅速かつ正確に取引を実行
  • 先進的でカスタマイズ可能な視覚化&分析ツールを使用して半自動トレーディング戦略を実現
  • 最新のIDAPシミュレータで実際の仮想通貨を使わず取引を学ぶ
  • 機関投資家、プロのトレーダーや取引初心者が私たちのエコシステムで仮想通貨に参入

チーム すべてを見る

Awanish Rajan
Awanish Rajan
Co-Founder & CEO
Atish Katyal
Atish Katyal
Co-Founder & CFO
Murali Thakur
Murali Thakur
Co-Founder & CTO
Anupam Agarwal
Anupam Agarwal
Co-Founder & COO
Mukund Thakur
Mukund Thakur
Tech Lead
Ritika Chaturvedi
Ritika Chaturvedi
Operations Manager

人気ICO記事

  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
  • そうだ お年玉、配ろう。 「みんなのエアドロ」リリース!

    誰でも簡単にエアドロップできる「みんなのエアドロ」をリリースしました。コイン相場ウォレットが対応している通貨であれば簡単にエアドロップすることができます。なんてシーンで、使ってみてはいかがでしょうか。ピックアップ内の「Airdrop P」を選択(英語名はAirdrop Pなのでこんな表記になっています)配りたい通貨を選択し合計額、配布人数、メッセージを記入下さい。※配布人数の限度は1000人です。入力項目の確認をして下さい。エアドロップ用のウォレットにコインが送金されました。QRコードとリンクが自動生成されます。SNSやチャットでシェアしましょう!※24時間以内に受け取られなかった通貨は作成
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

    先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!