Horyou - 目的を持ったブロックチェーン

Horyouは世界的なメディア企業であり、世界中の社会的利益における積極的な取り組みの展示、促進、支援、促進を行っています。 HoryouはHoryou.comプラットフォーム上のConnect for Goodに至るまで、どこにいても皆を呼び出す独特のソーシャルネットワーキングの哲学を通じてこれを実現します。 また、カンヌ映画祭では、社会イノベーションやグローバル倫理フォーラム(SIGEF)や湖陽村など、芸術、文化、多様性を取り入れた年中行事を開催しています。 Horyouには、Live&Dreamプログラム、ブログ、Web TVチャンネル、Horyou Magazine、Horyou Foundationもあります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HYT
開始日時
2018-06-18
終了日時
2018-07-21
調達金額
10,000,000 EUR
最低目標
1,500,000 EUR
最高目標
108,000,000 EUR
初回価格
1 HYT = 0.03 EUR
トークン供給数
3,600,000,000
公式サイトへ Owner of Horyou?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, ADA, EUR, CHF, JPY
供給率20%
KYCKYC
参加不可地域United States, China, Syria, Libya, Iran, Iraq, North Korea, South Sudan, Cuba
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

HoryouTokensを以下のように使われます:

1.全世界のHoryouコミュニティメンバーが肯定的なニュースと行動をHoryouのプラットフォームで共有することに報いる

2.スポットライトを購入したり、Horyouプラットフォームでソーシャル・グッド・アクションや原因を直接サポートしたり、破壊的なタグ付けやブロックチェーンを活用したトレーサビリティの恩恵を超えます

  1. Horyouプラットフォーム以外の取引形態として、慈善事業を支援することを意図したいかなるプラットフォームまたはFintech支払いソリューション内でも、影響の証拠によって

4.将来のHoryou市場で社会的利益を高める商品、サービス、ソフト商品を購入、販売、購読する

チーム すべてを見る

Yonathan Parienti
Yonathan Parienti
Founder & CEO
Parienti Eliahou Léon
Parienti Eliahou Léon
Chairman and Cofounder, Horyou
Ali El broudi
Ali El broudi
CTO, Horyou
David Saada
David Saada
Founding Partner and Advisor, Horyou
Alexandra Dimova
Alexandra Dimova
COO and Executive Team, Horyou
David Parienti
David Parienti
Founding Partner and Former COO, Horyou

人気STO/ICO記事

  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本