Global Trading System - 次世代の分散型取引エコシステム

モジュール式建築設計、誰でもGTSに基づいて、要求に応じて独自の分散型取引所を迅速に構築できます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GTS
開始日時
2019-04-09
終了日時
2019-04-09
最高目標
1,500,000 USD
初回価格
1 GTS = 0.00750 USD
トークン供給数
200,000,000
公式サイトへ Owner of Global Trading System?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプERC20
参加可能通貨USDT, Others
供給率20%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

GTSは高性能のブロックチェーンをコアとして、インターフェイスと機能拡張を実行しながら、マルチブロックチェーンインフラストラクチャ(BTS、EOS、その他のパブリック/プライベートブロックチェーンなど)をサポートします。 GTSシステムで確立された取引所は、プラットフォーム間およびブロックチェーン間でリソースを共有し、GTS暗号銀河を通じてユーザーと市場の深さを示すプラットフォームをGTSエコノミーに取り込み、GTSエコノミー取引所を内外の市場で促進します。 GTSエコノミーは、分散型取引所ハイパーグループを自然にグローバル化し、グローバル市場に直接影響します。

機能拡張の観点から、GTSはユーザーフレンドリーなUI、自動的にデポジットおよびゲートウェイ、OTCシステム、ICO / IEO、アナウンスサポート、自動取引、クロスチェーンリレー、Eコマースインターフェース、モバイルクライアント、ハードウェアウォレットなどのモジュールを提供します。また、オリジナルのブロックチェーンプラットフォームの機能を拡張して、従来の取引プラットフォームを超えた機能とアクセシビリティを実現します。システムの開発はビルディングブロックのタイプで構成の実装プロセスを採用し、コード開発は実装プロセスで必要とされず、完全な構成の自動展開が達成され、取引所が迅速に公開されることを可能にします。

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ