Geon - 選択した地理位置に値を格納

Geon Networkは、世界のどこにいても仮想オブジェクト(Geons)を作成できるサービスです。 Geonsに資金を預けることができます(Geon Coins)。近くの人が引き出すことができます。 引き出すには、Geonの作成者が設定したタスクを完了する必要があります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GEON
開始日時
2018-06-01
終了日時
2018-10-14
最高目標
35,198,557 USD
初回価格
1 GEON = 0.1 USD
トークン供給数
850,000,000
公式サイトへ Owner of Geon?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率47%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域Afghanistan, Bosnia and Herzegovina, Central African Republic, China, Congo, Cuba, Eritrea etc
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

既存の仮想通貨と同様に、Geon Networkは個人間の価値転送を可能にします。しかし、Geonネットワークのユニークな技術革新は、受信者が資金を受け取るためにブロックチェーンに格納されるアドレスを持つ必要がないということです。代わりに、受信者はネットワーク上のトランザクションを検証するために、位置証明を提供するだけです。 既存の暗号化通貨と同様に、Geon Networkは個人間の価値移転を可能にします。しかし、Geonネットワークのユニークな技術革新は、受信者が資金を受け取るためにブロックチェーンに格納されたアドレスを持つ必要がないということです。代わりに、受信者は、ネットワーク上のトランザクションを検証するために、位置証明を提供するだけです。    プロジェクトの目標は、前のセクションで説明した問題に取り組もうとしています。

使いやすさ

Geonは、ジオロケーションに基づいてネットワークのユーザー間で摩擦のない価値移転を可能にします。ユーザーは仮想通貨ウォレットを作って保存したり、伝統的な手法で仮想通貨をマイニングしたりせずに、資金を受け取ることができます。ユーザーは特定の場所にいって、移転に同意するだけです。   

効率

Geonネットワークでは、多くのユーザーが特定の場所で取引または「geomine」することができます。このシステムは、基礎となるブロックチェーン上のgeomine要求を最適化して、毎秒何十万件ものトランザクションをグローバルに有効にします。    価値移転は、Geon Coinsを保有するGeons(特定の地理的位置に設置された仮想ビーコン)で実装されます。ユーザは、金銭または仮想通貨を変換することによって、またはジオメイングと呼ばれるプロセスを通じてコインを獲得することができ、その間にコインはユーザデバイス上の自動生成ウォレットに転送されます。 Geon Coinsは、Geon Networkユーザー間で無制限に転送することもできます。参加するには、受信者がインターネットに接続されたモバイルデバイスを所有し、持ち運ぶことが唯一の要件です、例えばスマートフォン。

チーム すべてを見る

Robert Radek
Robert Radek
Chief Executive Officer
Maciej Rynarzewski
Maciej Rynarzewski
Chief Product Officer
Aleksander Debski
Aleksander Debski
Chief Operating Officer
Peter Budkowski
Peter Budkowski
Blockchain Architect
Jakub Czekanski
Jakub Czekanski
Android Developer
Maciej Sikorski
Maciej Sikorski
IT Tester

人気STO/ICO記事

  • 中国のニュースで「バイナンスの上海事務所閉鎖」について集中報道・・支社ではなく外注チーム

    上海の代表的な地域放送「东方卫视」が25日、ニュース番組を通じ、バイナンスの上海事務所閉鎖に関する特集を報道した。報道で、リポーターが直接バイナンスの上海事務所として知られている場所を訪問した結果、事務所は閉鎖され社員が既に撤収した状態であることが確認できた。事務所の閉鎖は最近、当局の仮想通貨企業を対象にした取り締まりが原因と考えられる。しかし、同メディアは閉鎖されたバイナンスの上海事務所は支社ではなく、「外注チーム」で顧客応対担当や少数の開発者で構成されていたと伝えた。また、この事務所の人力を採用するプロセスでブロックチェーンメディア「BABI财经」という法人名が使われていたことも分かった。
  • 韓国大手取引所Upbitハッキング疑惑・・KISAが調査中

    韓国、最大級大手取引所Upbit(アップビット)で600億ウォン相当の大金が出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。Upbit(アップビット)は「サーバー点検による、仮想通貨入出金の一時中止」をアナウンスしている。27日、韓国の業界の情報筋よると午後2時16分Upbit(アップビット)のウォレットで約600億ウォンに達する仮想通貨が匿名の口座に出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。まず出金された仮想通貨はETH(イーサリアム)で560億ウォンが出金された後、1次点検がアナウンスされた。その後、ビットトレントトークン(BTT)40億ウォンが出金され2次点検がアナウンスされている。<in
  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規