Geon - 選択した地理位置に値を格納

Geon Networkは、世界のどこにいても仮想オブジェクト(Geons)を作成できるサービスです。 Geonsに資金を預けることができます(Geon Coins)。近くの人が引き出すことができます。 引き出すには、Geonの作成者が設定したタスクを完了する必要があります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GEON
開始日時
2018-06-01
終了日時
2018-10-14
最高目標
35,198,557 USD
初回価格
1 GEON = 0.1 USD
トークン供給数
850,000,000
公式サイトへ Owner of Geon?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率47%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域Afghanistan, Bosnia and Herzegovina, Central African Republic, China, Congo, Cuba, Eritrea etc
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

既存の仮想通貨と同様に、Geon Networkは個人間の価値転送を可能にします。しかし、Geonネットワークのユニークな技術革新は、受信者が資金を受け取るためにブロックチェーンに格納されるアドレスを持つ必要がないということです。代わりに、受信者はネットワーク上のトランザクションを検証するために、位置証明を提供するだけです。 既存の暗号化通貨と同様に、Geon Networkは個人間の価値移転を可能にします。しかし、Geonネットワークのユニークな技術革新は、受信者が資金を受け取るためにブロックチェーンに格納されたアドレスを持つ必要がないということです。代わりに、受信者は、ネットワーク上のトランザクションを検証するために、位置証明を提供するだけです。    プロジェクトの目標は、前のセクションで説明した問題に取り組もうとしています。

使いやすさ

Geonは、ジオロケーションに基づいてネットワークのユーザー間で摩擦のない価値移転を可能にします。ユーザーは仮想通貨ウォレットを作って保存したり、伝統的な手法で仮想通貨をマイニングしたりせずに、資金を受け取ることができます。ユーザーは特定の場所にいって、移転に同意するだけです。   

効率

Geonネットワークでは、多くのユーザーが特定の場所で取引または「geomine」することができます。このシステムは、基礎となるブロックチェーン上のgeomine要求を最適化して、毎秒何十万件ものトランザクションをグローバルに有効にします。    価値移転は、Geon Coinsを保有するGeons(特定の地理的位置に設置された仮想ビーコン)で実装されます。ユーザは、金銭または仮想通貨を変換することによって、またはジオメイングと呼ばれるプロセスを通じてコインを獲得することができ、その間にコインはユーザデバイス上の自動生成ウォレットに転送されます。 Geon Coinsは、Geon Networkユーザー間で無制限に転送することもできます。参加するには、受信者がインターネットに接続されたモバイルデバイスを所有し、持ち運ぶことが唯一の要件です、例えばスマートフォン。

チーム すべてを見る

Robert Radek
Robert Radek
Chief Executive Officer
Maciej Rynarzewski
Maciej Rynarzewski
Chief Product Officer
Aleksander Debski
Aleksander Debski
Chief Operating Officer
Peter Budkowski
Peter Budkowski
Blockchain Architect
Jakub Czekanski
Jakub Czekanski
Android Developer
Maciej Sikorski
Maciej Sikorski
IT Tester

人気STO/ICO記事

  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7