Geon - 選択した地理位置に値を格納

Geon Networkは、世界のどこにいても仮想オブジェクト(Geons)を作成できるサービスです。 Geonsに資金を預けることができます(Geon Coins)。近くの人が引き出すことができます。 引き出すには、Geonの作成者が設定したタスクを完了する必要があります。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GEON
開始日時
2018-06-01
終了日時
2018-10-14
最高目標
35,198,557 USD
初回価格
1 GEON = 0.1 USD
トークン供給数
850,000,000
公式サイトへ Owner of Geon?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率47%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域Afghanistan, Bosnia and Herzegovina, Central African Republic, China, Congo, Cuba, Eritrea etc
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

既存の仮想通貨と同様に、Geon Networkは個人間の価値転送を可能にします。しかし、Geonネットワークのユニークな技術革新は、受信者が資金を受け取るためにブロックチェーンに格納されるアドレスを持つ必要がないということです。代わりに、受信者はネットワーク上のトランザクションを検証するために、位置証明を提供するだけです。 既存の暗号化通貨と同様に、Geon Networkは個人間の価値移転を可能にします。しかし、Geonネットワークのユニークな技術革新は、受信者が資金を受け取るためにブロックチェーンに格納されたアドレスを持つ必要がないということです。代わりに、受信者は、ネットワーク上のトランザクションを検証するために、位置証明を提供するだけです。    プロジェクトの目標は、前のセクションで説明した問題に取り組もうとしています。

使いやすさ

Geonは、ジオロケーションに基づいてネットワークのユーザー間で摩擦のない価値移転を可能にします。ユーザーは仮想通貨ウォレットを作って保存したり、伝統的な手法で仮想通貨をマイニングしたりせずに、資金を受け取ることができます。ユーザーは特定の場所にいって、移転に同意するだけです。   

効率

Geonネットワークでは、多くのユーザーが特定の場所で取引または「geomine」することができます。このシステムは、基礎となるブロックチェーン上のgeomine要求を最適化して、毎秒何十万件ものトランザクションをグローバルに有効にします。    価値移転は、Geon Coinsを保有するGeons(特定の地理的位置に設置された仮想ビーコン)で実装されます。ユーザは、金銭または仮想通貨を変換することによって、またはジオメイングと呼ばれるプロセスを通じてコインを獲得することができ、その間にコインはユーザデバイス上の自動生成ウォレットに転送されます。 Geon Coinsは、Geon Networkユーザー間で無制限に転送することもできます。参加するには、受信者がインターネットに接続されたモバイルデバイスを所有し、持ち運ぶことが唯一の要件です、例えばスマートフォン。

チーム すべてを見る

Robert Radek
Robert Radek
Chief Executive Officer
Maciej Rynarzewski
Maciej Rynarzewski
Chief Product Officer
Aleksander Debski
Aleksander Debski
Chief Operating Officer
Peter Budkowski
Peter Budkowski
Blockchain Architect
Jakub Czekanski
Jakub Czekanski
Android Developer
Maciej Sikorski
Maciej Sikorski
IT Tester

人気ICO記事

  • AeronのARNトークンがEOSのエコシステムで利用可能に

    ブロックチェーンを基盤とする革新的航空安全プロジェクト、Aeronは、その範囲をEOS経済圏まで広げ、Ethereum ERC20とEOS間の双方向トークンスワップを実現しました。それにより、このトークンの流動性は上昇し、市場におけるAeronの地位は強化されることになるでしょう。ブロックチェーン間のスワップ比は1:1で、EOSブロックチェーンで発行されたAeron(ARN)トークンは、Ethereumブロックチェーンでのトークンにより完全に変換できます。この大胆な手段を取ることで、ARN/EOSペアの即時交換やEOS経済圏により促進された利便性と革新性とともに、EOS分散型取引と換金オプショ
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

    先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.29

    直近2週間は、UI最適化と機能追加により、アプリがアップデートしました。仮想通貨の相場は相変わらずの冬景色ですが、業界を少しでも盛り上げられるように頑張って参ります。最新版は今週中にリリース予定ですので、しばらくお待ちください。先週にリリースを予定していたTOPページなのですが、UIの微調整・ニュース整理のため予想していた時間より少し時間がかかりました。全ての情報をTOPページでスピーディーに確認できます。最新バージョンでは、各通貨詳細ページでSiri機能をショートカットで追加し、コインの価格がリアルタイムで確認できるようになります。簡単かつ便利に利用できる機能でございますので是非、お試しくだ