flow - 新世代のゲーム、アプリ、そしてそれらを支えるデジタル資産のためのプラットフォームです。

分散型ネットワークとして、誰もがFlowに参加して構築することができます。世界のトップデベロッパーや大手ブランドがすでに参加しており、数十億人規模のファンベースにサービスを提供しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FLOW
開始日時
2020-09-22
終了日時
2020-10-02
最高目標
12,500,000 USD
初回価格
0.1 USD
トークン供給数
125,000,000
公式サイトへ Owner of flow?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨ETH, BTC, USDC, USD
供給率10%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Flow は、オープンワールド向けのブロックチェーンです。

Flow は、モジュラーとして将来性のある、ユーザーおよび開発者の両者に優しいブロックチェーンの開発を目的とし、イーサリアムネットワークで最も成功している暗号アプリケーションを支えているチームがゼロから再設計しました。

Flow の新しい 4 ノードアーキテクチャは、分散化をあきらめたり、ネットワークをシャードに分割したり、または「レイヤー 2」ソリューションを利用することなく、スピードおよびコスト面において大幅な改善を実現します。詳細は、ze.nr/primer からご確認ください。

FLOW トークン(以下「FLOW」または「𝔽」)は、Flow ネットワーク内のネイティブ通貨であり、新しく、包括的かつボーダーレスなデジタルエコノミーのためのキーストーンです。ブロックチェーンがデジタルインフラストラクチャーである場合、Flow トークンは、ネットワー クにパワーを与える燃料となります。

FLOW が新世代のゲーム、消費者アプリケーション、およびこれらを強化するデジタル資産のための理想的な通貨となる重要な特徴がいくつかあります:

  1. 多様なユースケース
  2. 広い分配範囲
  3. 低インフレ

チーム

Roham Gharegozlou
Roham Gharegozlou
CEO
Dieter “dete” Shirley
Dieter “dete” Shirley
Founder and CTO
Mikhael Naayem
Mikhael Naayem
Chief Business Officer

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )