Ethereum Card - エスクローサービスを含む世界第1位のグローバルショッピング&トレーディング通貨

Ethereumカード - すべての店舗、加盟店、ブローカーのエスクローサービスを含む、世界規模のショッピング&トレーディング通貨のための第1位ピアツーピア暗号通貨です。ブロックチェーン技術の多次元契約とリバーストランザクションを使用することで、日々の取引を増加し、取引手数料を削減するのに役立ちます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ETHCD
開始日時
2019-06-08
終了日時
2019-07-10
初回価格
0.0900 USD
トークン供給数
13,000,000
公式サイトへ Owner of Ethereum Card?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率72.2%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ショッピング、トレーディング、ブローカー

Ethereum Card APIは、すべての店舗、ブローカー、加盟店、その他の会社に統合され、独自のブロックチェーンでETHCと対話し、従来の支払いゲートウェイとは異なり、ユーザー側からのクリック支払いボタンのプラットフォームでの支払い方法として使用できます。

リバーストランザクションが有効

Ethereumカードは、ブロックチェーンテクノロジに関するマインネットのMultiDimentional契約の逆トランザクション機能を有効にしました。

この機能は元の取引を複製する新しい取引ですが、ただし、借方金額が貸方金額として表示され、その逆も同様です。逆の取引をウォレットに転記すると、元の取引と逆の取引の2つの取引があります。しかし、口座残高は、元の取引が残高に転記されたことがなく、口座履歴に反映されていないように見えます。逆の取引は、元の取引と同じ金額で同じアカウントに自動的に転記されます。 逆の取引の金額またはアカウントを変更することはできません。

しかしながら、二者は、私達が第二者の財布に確認を送って自動的にブロックチェーンで承認されることを可能にする逆転の合意に従事します。

Ethereumカードエスクローコミュニティ

Ethereumカードエスクローサービスは、特定の取引に関与する2者に必要な資金の支払いを保持および規制する、当社のコミュニティに対する財務上の取り決めです。これは、Ethereumカードの監督下で、ショッピングマートまたはブローカーまたは店舗での契約のすべての条件が満たされた場合にのみ解放される当社の安全なエスクローアカウントで支払いを維持することによって、取引をより安全にするのに役立ちます。

チーム

Liam Anthony
Liam Anthony
Founder & Chief Executive Officer
Rayan Elliot
Rayan Elliot
Chief Technology Officer
Dylan Hubert
Dylan Hubert
Chief Marketing Officer
Vincent Laurent
Vincent Laurent
Chief Financial Officer

人気STO/ICO記事

  • LINEのブロックチェーン子会社が日本金融庁から正式認可

    メッセンジャーアプリ「LINE」を運営するLINE株式会社のブロックチェーン子会社「LVC株式会社」が本日6日に仮想通貨交換業者登録及び第一種会員への会員種別変更になったことが日本金融庁ホームページ、日本仮想通貨交換業協会のホームページを通じ発表された。LVC株式会社は、LINEの仮想通貨事業およびブロックチェーン関連事業を展開している会社だ。取り扱い通貨はBTC、ETH、BCH、LTC、XRPのメジャーな仮想通貨となる。当協会会員における仮想通貨交換業者登録及び第一種会員への会員種別変更について本日、金融庁より当協会会員の内1社の仮想通貨交換業者登録に関する公表がありましたのでお知らせいたし
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており